「ザラブ星人」の版間の差分

* 出身地:第8銀河系ザラブ星<ref name="白書" /><ref name="怪獣大全集15" /><ref name="BESTBOOK98" /><ref name="大辞典" /><ref name="画報上41" /><ref name="全怪獣16" /><ref name="読本224" />
 
これまでにも多くの星を滅ぼしたザラブ星の工作員の1人。母星は第8銀河系にあると語る。ザラブ星人は他の文明を滅ぼすことを目的としており、さまざまな惑星で暗躍している。破壊怪音波とそれを利用した催眠術、ピラミッドを破壊するキック力、指先から発射する光弾<ref name="画報上41" /><ref name="zenchousa" />{{efn|『ウルトラマン大辞典』ではロケット弾<ref name="大辞典" />、『ウルトラ怪獣列伝』ではミサイル<ref name="怪獣列伝71" />と記述している。}}、どこからともなく放出する放射能霧<ref name="大辞典" /><ref name="全怪獣16" />に加え、高い耐久性ゆえに動くとより強力に拘束する拘束用テープを持つが、この拘束用テープは地球人の涙を浴びると劣化する性質を持つ。等身大時には、地球人の言語を理解するために耳を出している{{Sfn|大ウルトラマン図鑑|1996|p=138}}。一人称は「わたし」。
 
突如として地球上に広まった放射能霧を簡単に取り除いたうえ、軌道を間違えたという地球側の土星ロケットを地球まで誘導し、地球人に対して友好的であるかのような行動をとるが、それらはすべて演技であった。イデ隊員を催眠術で操り、フジ隊員に化けてアラシ隊員に睡眠薬入りのコーヒーを飲ませて昏倒させ、防衛会議を盗聴する。ウルトラマンであるハヤタ隊員を捕獲してベータカプセルを奪おうとするが、彼がそれを持ち忘れていたために失敗した後、'''[[#にせウルトラマン|にせウルトラマン]]'''に変身して街を破壊することで、ウルトラマンを地球人の敵と思わせようとたくらむ。しかし、ホシノ少年にハヤタを救出されたために本物のウルトラマンと戦うことになり、スペシウム光線を撃ち込まれて変身が解け、格闘の末にスペシウム光線で倒される。
匿名利用者