「皇后雅子」の版間の差分

LTA:Milky 3333ジェイコ (会話) による ID:68533188 の版を取り消し
タグ: 取り消し
(LTA:Milky 3333ジェイコ (会話) による ID:68533188 の版を取り消し)
タグ: 取り消し
| 称号 =
| 全名 = 雅子
| 身位 = [[皇太子妃]]・[[親王妃]](皇太親王妃)
| 敬称 = [[殿下]]
| お印 = [[ハマナス]]
}}
{{日本の皇室}}
'''皇太子徳仁親王妃雅子'''(こうたいしなるひとしんのうひ まさこ、[[1963年]]([[昭和]]38年)[[12月9日]] - )は、[[日本]]の[[皇族]]。[[皇太子徳仁親王]]の[[妃]]。旧名・'''小和田 雅子'''(おわだ まさこ)。[[身位]]は[[皇太子妃]]、[[親王妃]](皇太親王妃)。[[皇室典範]]に定める[[敬称]]は[[殿下]]。[[お印]]は[[ハマナス]]。[[勲等]](称号)は[[宝冠大綬章]]。[[学位]]は[[学士(経済学)|経済学士]]([[ハーバード大学]]・[[1985年]])。<!-- 皇位継承発生時は、この記事のノートで案内されている、プロジェクトで合意された手続きにしたがって記事を修正してください。 -->
 
御所は[[東京都]][[港区 (東京都)|港区]][[元赤坂]]二丁目の[[赤坂御用地]]内にある[[東宮御所]]。
== 略歴 ==
=== 生い立ち ===
[[1963年]]([[昭和]]38年)[[12月9日]]、[[小和田恆]]・優美子夫妻の第1子(長女)として[[東京都]][[港区 (東京都)|港区]][[虎ノ門]]の[[虎の門病院]]にて誕生。父の恆は[[外務官]]で、母の優美子は結婚前、[[エールフランス]]極東支配人[[秘書|秘書官]]を務めていた。出生時は一家で[[世田谷区]][[桜上水]]の外務省官舎に住んでいた。恒は当時、[[東京大学]]の講師を務めていた<ref>『歴代皇后人物系統総覧』292頁</ref>。この頃から[[家政婦]]の井上道子が小和田家に入る<ref>[[週刊女性]]増刊号 平成5年3月3日永久保存版『皇太子さま貫かれた初恋 佳麗雅子さまとご婚約』156頁</ref>。
 
[[1965年]](昭和40年)、父の恒が[[在ロシア日本国大使館|在ソ連日本国大使館]]一等書記官に就任したため、仕事の関係で1歳数か月で渡露しから[[ソビエト連邦]]・[[スイス連邦]]で過ごす。2歳の終わりごろからソ連のモスクワ市立ジェツキサートNo.1127保育園に通園した。当初は慣れない言語や集団生活で泣きだすこともあったが、[[ロシア語]]もすぐに上達し、妹たちにロシア語で話し掛けたり、寝言もロシア語で言うほどだった<ref name="allabout2001">{{Cite web |author=上野緑子(幼児教育ガイダー) |date=2001-12-25|url=http://allabout.co.jp/gm/gc/184138/ |title=雅子さまが受けられた小和田家の教育方針 |publisher=[[All About]] |accessdate=2015-12-16}}</ref>。このとき、モスクワ市のクツゾフスキーで過ごした。[[1966年]](昭和41年)7月、スイス・ジュネーブで妹の[[池田礼子|礼子]](マドレーヌ)・[[小和田節子|節子]](マリー)が誕生。なお、後年優美子と生後直後の両者は同国の[[ベルン]]の大使公邸に滞在した
 
[[1968年]]5月から米国の[[ニューヨーク|ニューヨーク市]][[ブロンクス区]][[リバーデイル]]のヘンリーハドソン・パークウェイで過ごした。この頃から区内の[[コンドミニアム]]に家族と引っ越し、同年9月から1年間、ニューヨーク市立第81キンダガーデンに通園する。英語を話さない日々が4か月続いたが、“''May I go to the bathroom ? ”「お手洗いに行ってもよろしいですか。」''と初めて話したという<ref name="allabout2001" />。[[1969年]]9月、市立第81パブリックスクール(P.S. 81-Robert J. Christen School)に入学。この頃から[[ピアノ]]を習い始め、このニューヨーク滞在期間中は[[補習授業校]]に通っていた<ref>[[渡辺みどり]]『美智子さま雅子さま涙の日、深まる絆』([[講談社]]・[[2001年]])107頁</ref>。
 
[[1971年]](昭和46年)3月、一家は日本に帰国。目黒区立原町小学校第1学年に編入し、5月に新宿区立富久小学校第2学年に編入する。<ref>『歴代皇后人物系統総覧』293頁中段</ref>第67代[[内閣総理大臣]][[福田赳夫]]の次男・横手征夫一家と毎年冬になると1~2週間スキー旅行をしていた。
 
[[皇后美智子]]が[[雙葉小学校附属幼稚園]]に通園していた当時の担任・野原育子が開いた塾に通い、編入試験の勉強を一年する<ref>[[江森敬治]]『雅子さま 殿下の愛に守られて』([[集英社]]・[[2001年]])</ref>。[[1972年]](昭和47年)4月、[[学校法人田園調布雙葉学園|田園調布雙葉学園]]・[[田園調布雙葉小学校]]に編入し卒業する<ref group="注釈">祖母の寿々子も系列校の旧制・雙葉高等女学校を卒業した。実母である[[小和田優美子|優美子]]も同学園の卒業生であり、編入学までさせて雅子を入学させた。[[敬宮愛子内親王]]専属の[[宮内庁東宮職#職員|東宮出仕]](養育係)の一人である福迫美樹子は[[田園調布雙葉小学校附属幼稚園]]の元教諭である。</ref>。その後、[[田園調布雙葉中学校]]に進学し、ソフトボール部を結成し活動した。<ref>歴代皇后人物系統総覧293頁下段</ref>[[田園調布雙葉中学校・高等学校|同高校]]に進学。
 
[[1979年]]7月から父の仕事の関係で、[[1985年]]6月までの6年間、米国の[[ボストン|ボストン市]]へ移住する。
32,169

回編集