「アンスバッハ侯領」の版間の差分

m
仮リンク追加
m (仮リンク追加)
2つの独立した[[領邦]]への最終的な分割は[[1486年]]の[[アルブレヒト・アヒレス]]の死後に行われた。フランケンの支配地域を2人の若い息子で分割することを取り決めた[[1473年]]公布の"Dispositio Achillea"に従ったものであった。分割地域への割り当ては、くじ引きにより決定した。[[フリードリヒ2世 (ブランデンブルク=アンスバッハ辺境伯)|フリードリヒ]]は、後のアンスバッハ侯領となる"untergebirgisch"地方が割り当てられた。弟の[[ジークムント (ブランデンブルク=クルムバッハ辺境伯)|ジークムント]]が獲得したもう1つの地域は後に[[バイロイト侯領|クルムバッハ侯領]]となった。
 
アンスバッハ侯領は、クルムバッハ侯領([[1604年]]以降はバイロイト侯領)とたびたび[[同君連合]]の形で統治された(1495年 - 1515年、1557年 - 1603年、1769年 - 1791年)が、[[神聖ローマ帝国]]の終焉まで国法上は独立した領邦であった。[[1791年]]にバイロイト侯領と共に[[プロイセン王国]]に編入されると、アンスバッハ=バイロイトとして[[カール・アウグスト・フォン・ハデンベルク]]に包括管理されることとなった。[[フランス革命戦争]]でのプロイセンの敗北後はフランスに割譲され、とりあえずは軍政管理下に置かれたが、[[1810年]]に最終的に[[バイエルン王国]]領となった。
 
=== ブランデンブルク=アンスバッハ辺境伯 ===
* [[ヴィルヘルム・フリードリヒ (ブランデンブルク=アンスバッハ辺境伯)|ヴィルヘルム・フリードリヒ]](在位:1703年 - 1723年)
* [[カール・ヴィルヘルム・フリードリヒ (ブランデンブルク=アンスバッハ辺境伯)|カール・ヴィルヘルム・フリードリヒ]](在位:1723年 - 1757年)
* [[{{仮リンク|カール・アレクサンダー (ブランデンブルク=アンスバッハ辺境伯)|label=カール・アレクサンダー]]|en|Charles Alexander, Margrave of Brandenburg-Ansbach}}(在位:1757年 - 1791年) - 1769年から[[バイロイト侯領|ブランデンブルク=バイロイト辺境伯]]を兼ねる。
 
== 地理 ==
268

回編集