「遊撃戦論」の版間の差分

m
編集の要約なし
m
 
{{毛沢東思想のサイドバー}}
『'''遊撃戦論'''』(ゆうげきせんろん)1938年に[[毛沢東]]によって執筆された[[ゲリラ]]戦略の古典的著作である。正確には『抗日遊撃戦争の戦略問題』(『抗日游击战争的战略问题』)と呼ばれ、多くのゲリラ戦争の指導者に参考とされた。
 
== 概要 ==
1,586

回編集