メインメニューを開く

差分

m
→‎歴史: {{節stub}}を{{節スタブ}}に変更 using AWB
 
==歴史==
{{節stubスタブ}}
歴史的には、各音便とも[[平安時代]]初期から音便化の例がある。 一説に、音便の生まれた背景には、大量に流入した[[漢音|漢字音]]の影響が強いという<ref>中央人の多くが日常的に中国音を模倣したことによって、否応なく日本語の音体系が広がり、音便が可能になったと考える。 各音便はそれぞれ漢字音のu[[韻尾]]、i韻尾、鼻音韻尾、入声韻尾の影響であるという。</ref>。
 
14,985

回編集