「ジャンヌ・ダルク列聖」の版間の差分

編集の要約なし
|崇敬対象除外者=
}}
'''ジャンヌ・ダルク列聖'''({{lang-en|Canonization of Joan of Arc}})とは、1920年5月16日、[[ジャンヌ・ダルク]]が教皇[[ベネディクトゥス15世 (ローマ教皇)|ベネディクトゥス15世]]により(教皇勅書『ディヴィナ・ディスポネンテ』による)<ref>Pope Benedict XV, ''Divina Disponente'' (Latin), 16 May 1920, http://w2.vatican.va/content/benedict-xv/la/bulls/documents/hf_ben-xv_bulls_19200516_divina-disponente.html.</ref>で正式に[[カトリック]]教会の[[聖人]]として列聖されたことをいう。
 
== 概要 ==
1431年、ジャンヌ・ダルクは[[イングランド]]支持の聖職者により異端として火刑に処されたが、死後の再審により1456年に復権。
1869年に、[[フランス]]の[[オルレアン]]の司教{{仮リンク|フェリックス・デュパンルー|en|Félix Dupanloup}}がジャンヌの列聖を申請した{{sfn|ペルヌー|2016|p=121}}。1909年4月18日にローマ教皇[[ピウス10世 (ローマ教皇)|ピウス10世]]により[[列福]]。その後、1920年5月16日にジャンヌはカ教皇ベネディクリック教会のゥス15世により列人となされ<ref>[http://www.newadvent.org/cathen/08409c.htm St. Joan of Arc Catholic Encyclopedia]</ref>。そして、フランスのカトリック教徒とフランスのためにイングランドと戦いなさいうこ神によって命じられたという話に触発されたフランスのカトリック教徒と兵士の間で守護聖人った。多くのフランス政権は彼女の崇敬を奨励し、フランス第三共和制は1905年の政教分離の前に列聖嘆願書に賛成していた。
 
== 聖人への経路 ==