「ジャンヌ・ダルク列聖」の版間の差分

en:Canonization of Joan of Arc#Popularity (05:50, 9 March 2018‎ UTC) を翻訳(部分的)、加筆等。
(en:Canonization of Joan of Arc#Popularity (05:50, 9 March 2018‎ UTC) を翻訳(部分的)、加筆等。)
ジャンヌが君主国に奉仕した敬虔なカトリック教徒であったので、ジャンヌの個人崇敬はフランス革命の指導者たちによって反対された。彼らはオルレアンの包囲戦の解放を毎年祝うことを禁止し、そして、剣とバナーを含むジャンヌの遺物は破壊された。1571年にオルレアンの人々によって建立されたジャンヌ像(1568年にプロテスタントによって破壊されたものを置き換えた)は、溶かされて大砲となった<ref>[https://books.google.com/books?id=Fds-AAAAYAAJ&pg=PA319&lpg=PA319&dq=%22jeanne+d'arc%22+relics+destroyed&source=bl&ots=H9GWFWx2_M&sig=kiXCCU60qRqHUgIe3Qw-cqI1dR4&hl=en&sa=X&ved=0ahUKEwill7LVpPLSAhUO-2MKHcyfD1MQ6AEIJzAC#v=onepage&q=%22jeanne%20d'arc%22%20relics%20destroyed&f=false "The Maid of Orléans"] by [[Andrew Lang]] ''[[The English Illustrated Magazine]]'' Vol. 16 (October 1896-March 1897), pps. 315-320 [[Google Books]] March 25, 2017</ref>。
 
[[ナポレオン]]は、1803年に次のように記している。
[[ナポレオン]]は彼の国家主義の目的のためにジャンヌを利用できることを認識し、オルレアン市が年に一度の包囲の解除を祝うことを許し、オーギュスタン・デュプレに記念コインを鋳造するよう命じた<ref>[https://www.vcoins.com/en/stores/coins_to_medals/37/product/1803_france__napoleon__the_monument_of_joan_of_arc_by_augustin_dupre/627964/Default.aspx "1803 France - Napoleon - The Monument of Joan of Arc by Augustin Dupré"] ''VHobbies.com'' 25 March 2017</ref> <ref>[https://books.google.com/books?id=79MGAAAAQAAJ&pg=PR282&lpg=PR282&dq=%22jeanne+d'arc%22+relics+destroyed&source=bl&ots=MWoJCB76TV&sig=Sr39gZrrPhgo8N8bAN_7O6upmsI&hl=en&sa=X&ved=0ahUKEwill7LVpPLSAhUO-2MKHcyfD1MQ6AEIOTAG#v=onepage&q=napoleon&f=false "Monuments" ''Memoirs of Jeanne d'Arc, Vol. 2]''; J. Moyes, London (1824), p. cclxxvi [[Google Books]] March 25, 2017</ref>、そして、ジャン=アントワーヌ・シャプタルはオルレアン市長に市議会による決議がエドム=フランソワ=エティエンヌ・ゴワによるジャンヌ像を建立することを承認したと報告した。
{{quotation|「フランスの独立が脅かされる時は、優れた英雄が出て必ず奇跡をもたらしてくれることを、あの有名なジャンヌ・ダルクは証明している。」|『奇跡の少女ジャンヌ・ダルク』 2頁}}
{{quotation|「ジャンヌダルクの傑出した経歴は、国家の自由に対する脅威に直面したフランスの守護神が、遂行できない奇跡はないということを証明します。」 |<ref> [https://books.google.com/books?id=wSV8CgAAQBAJ&pg=PA67&lpg=PA67&dq=chaptal+napoleon+%22joan+of+arc%22&source=bl&ots=voOZEMWS3T&sig=x1YD0DcRc-Ip7NQKlp--tdQvyVk&hl=en&sa=X&ved=0ahUKEwiV1dLQmvrSAhWKjFQKHdFVCfAQ6AEIJzAD#v=onepage&q=chaptal%20napoleon%20%22joan%20of%20arc%22&f=false "To Citizen Chaptal"] ''Napoleon Self-Revealed'' ed. by J.M. Thompson [[Houghton Mifflin Harcourt|Houghton Mifflin]] (1934); reprinted as ''Napoleon's Letters'' (2013), p. 67 [[Google Books]] March 28, 2017</ref> <ref>[https://books.google.com/books?id=oP07AQAAMAAJ&pg=PA130&lpg=PA130&dq=%22joan+of+arc%22+gois&source=bl&ots=ebbRwyjdFA&sig=E97adpTwV_zYoz8qPEJFA25nMTI&hl=en&sa=X&ved=0ahUKEwintdLLrPLSAhVT0GMKHe29AOQQ6AEIPzAM#v=onepage&q=%22joan%20of%20arc%22%20gois&f=false "Report Made to the Athénée des Arts de Paris] by MM. [[Jean-Baptiste Rondelet|Rondelet]], [[Pierre-Nicolas Beauvallet|Beauvallet]], and [[Jean-Baptiste-Joseph Duchesne|Duchesne]] on the Founding the Statue of Joan of Arc in Bronze, by a Way Never Before Used for Large Works, by MM. Rousseau and Genon, Under the Direction of M. Gois" ''[[Journal of Natural Philosophy, Chemistry, and the Arts]]'' Vol. 13 (1806), pps. 128-135 [[Google Books]] March 25, 2017</ref>}}
 
[[翌年の1804年にナポレオン]]皇帝となり、自己正当化と彼の国家主義の目的のためにジャンヌを利用できることを認識た{{sfn|ペルヌー|2016|p=2}}。オルレアン市が年に一度の包囲の解除を祝うことを許し、オーギュスタン・デュプレに記念コインを鋳造するよう命じた<ref>[https://www.vcoins.com/en/stores/coins_to_medals/37/product/1803_france__napoleon__the_monument_of_joan_of_arc_by_augustin_dupre/627964/Default.aspx "1803 France - Napoleon - The Monument of Joan of Arc by Augustin Dupré"] ''VHobbies.com'' 25 March 2017</ref> <ref>[https://books.google.com/books?id=79MGAAAAQAAJ&pg=PR282&lpg=PR282&dq=%22jeanne+d'arc%22+relics+destroyed&source=bl&ots=MWoJCB76TV&sig=Sr39gZrrPhgo8N8bAN_7O6upmsI&hl=en&sa=X&ved=0ahUKEwill7LVpPLSAhUO-2MKHcyfD1MQ6AEIOTAG#v=onepage&q=napoleon&f=false "Monuments" ''Memoirs of Jeanne d'Arc, Vol. 2]''; J. Moyes, London (1824), p. cclxxvi [[Google Books]] March 25, 2017</ref>そして、ジャン=-アントワーヌ・シャプタルはオルレアン市長に市議会による決議がエドム=-フランソワ=-エティエンヌ・ゴワによるジャンヌ像を建立することを承認したと報告した。
 
ゴワの作品は1855年にドフィーヌ広場へ移転され<ref>[http://vanderkrogt.net/statues/object.php?webpage=ST&record=frce064 "Orleans: Jeanne d'Arc guerrière"] ''vanderkrogt.net'' March 25, 2017</ref>、デニス・フォヤティエによるジャンヌ像に置き換えられた<ref>[http://vanderkrogt.net/statues/object.php?webpage=ST&record=frce061 "Orleans: Jeanne d'Arc"] ''vanderkrogt.net'' March 25, 2017</ref>。
 
最初の全編のジャンヌの伝記はニコラス・レンゲル・デュ・フレノワとクレマン・シャルル・フランソワーズ・デ・ラヴェルディと認められているが、数人のイングランドの著者は皮肉なことに彼女の列聖に繋がる動きを引き起こした。ハーバード大学の英文学科のハーシェル・ベイカー教授は、リバーサイド・シェイクスピアのためのヘンリー6世への紹介で、ウィリアム・ワーバートンの驚異的な描写は、ヘンリー6世(パート1)のジョアンの描写である、そして、エドモンド・マローンは、でシェイクスピアがその作家に手を貸していないことを証明するために、「ヘンリー6世の3つの部分についての論文」(1787)で探究した(1974; p.587)。チャールズ・ラムは、ロバート・サウスのジャンヌ・ダルクの一部である「国の運命」の最初の草稿でジャンヌを「ポット・ガール」に縮小したサミュエル・テイラー・コリッジを批判した。ジャンヌはマホン卿による{{仮リンク|ザ・クオータリー・レビュー|en|Quarterly Review}}」のためのマホン卿による<ref>[https://books.google.com/books?id=1XYBAAAAQAAJ&pg=PA25&dq=Philip+Stanhope+joan+of+arc&hl=en&sa=X&ved=0ahUKEwi0y-yeuNHRAhUL-GMKHQNXBcoQ6AEIHzAB#v=onepage&q=Philip%20Stanhope%20joan%20of%20arc&f=false ''Joan of Arc: Reprinted From Lord Mahon's Historical Essays''] [[John Murray (publisher)|John Murray]] (1853) [[Google Books]] January 20, 2017</ref>、そして、[[トマス・ド・クインシー]]による「{{仮リンク|タイトズ・エジンバラ・マガジン|en|Tait's Edinburgh Magazine}}」のためのトーマス・デ・クインシーによる<ref>[https://books.google.com/books?id=B7Q0AAAAMAAJ&pg=PA15&lpg=PA15&dq=DOMR%C3%89MY+15th+century+map&source=bl&ots=FQLMqf1Qtw&sig=NF6SqVkU1Ie3vBxLtbMa-z15br0&hl=en&sa=X&ved=0ahUKEwj1_NmGs9HRAhVS0GMKHYelBtkQ6AEIKTAF#v=onepage&q=DOMR%C3%89MY%2015th%20century%20map&f=false "Selections" ''English Classic Series #69'']; Maynard, Merrill & Co. (1892), pps. 9-41 [[Google Books]] January 20, 2017</ref>エッセイの主題であった。
 
1890年、イギリスで設立された{{仮リンク|ジャンヌ・ダルク教会|en|St Joan of Arc's Church, Farnham}}は、ジャンヌに捧げられている。
3つの奇跡の法令は1908年12月13日に発表され、5日後、1909年1月24日にローマ教皇庁によって正式に列福の法令が読み上げられた<ref>[https://books.google.com/books?id=wZ46AQAAMAAJ&pg=PA743&lpg=PA743&dq=%22Congregation+of+Rites%22+%22joan+of+arc%22+1903&source=bl&ots=fiKxPzwoUx&sig=P__eyw43xHniKLOYAquZWhF_t0c&hl=en&sa=X&ved=0ahUKEwjMxuW8g_PSAhUTwGMKHRfKC_EQ6AEIITAC#v=onepage&q=%22Congregation%20of%20Rites%22%20%22joan%20of%20arc%22%201903&f=false "The Blessed Joan of Arc"] by Bishop [[Thomas James Conaty]] ''The West Coast Magazine'' Vol. 7; No. 6. (March 1910), pps. 737-745 [[Google Books]] 25 March 2017</ref><ref>[https://news.google.com/newspapers?nid=1946&dat=19081219&id=oLs0AAAAIBAJ&sjid=7YQFAAAAIBAJ&pg=4245,4654033 "Blessed Joan of Arc. Reading of the Decree of the French Heroine"] ''[[Montreal Gazette]]'' (19 December 1908), p. 14 [[Google News Archive]] 3 August 2016</ref>。
 
列福式は1909年4月18日に行われ、セバスティアーノ・マルティネッリ枢機卿とマリアーノ・ランポッラガが主宰した。スタニスラス・トゥシェ司教が、[[ミサ]]を司式した。枢機卿セラフィーノ・ヴァンヌテッリ, ピエール・アンドリュー、ルイス・ルソン、コージェ、ジローラモ・マリア・ゴッティ、ホセ・カラザック・ヴィーヴ・イ・トゥト、当時の高位聖職者の ラファエル・メリー・デル・ヴァル<ref>[https://books.google.com/books?id=855FAQAAMAAJ&pg=PA549&dq=%22joan+of+arc%22+%22knights+of+malta%22&hl=en&sa=X&ved=0ahUKEwjB0buN8ebMAhUIw4MKHZfiAvMQ6AEIFDAA#v=onepage&q=%22joan%20of%20arc%22%20%22knights%20of%20malta%22&f=false "The Spectator"] ''[[The Outlook (New York)|The Outlook]]'' (3 July 1909) Vol. 92, pps. 548-550 [[Google Books]] 19 May 2016</ref>、ジョン・パトリック・ファレル司教、トーマス・ケネディ司教、高位聖職者のロバート・セトン、マルタ騎士団のトリブヌスの一員である伯爵ジュリオ・ポーロ-ランバンテンギ (ルイージ・ポーロ・ランバンテムの孫)、 公爵アレンソンと[[エマニュエル・ドルレアン|ヴァンドーム公]]、当時の大司教であるウィリアム・ヘンリー・オコネル<ref>[https://news.google.com/newspapers?nid=gKLIUvgTho8C&dat=19090419&printsec=frontpage&hl=en "Pilgrims Honor Maid of Orleans"] ''[[Cape Girardeau, Missouri|The Daily Republican]]'' (19 April 1909), p. 2 [[Google News Archive]] 24 February 2017</ref>、そして、[[ヘンリー・フィッツアラン=ハワード (第15代ノーフォーク公)|ノーフォーク公]]<ref>[http://trove.nla.gov.au/newspaper/article/58274530 "The Beatification of Joan of Arc" ''[[The Age]]'' (20 April 1909)] via ''The Kilmore Free Press'' (24 June 1909) p. 1 [[Trove]] 24 February 2017</ref>が出席した。その式典が正統王朝主義者によってフランス第三共和制を攻撃するために使われることはないと決定したピウス10世は<ref>[https://books.google.com/books?id=-TMiAQAAIAAJ&pg=PA601&lpg=PA601&dq=beatification+Joan+of+Arc&source=bl&ots=CQBQBar6tF&sig=Ep8Ae4r8W-T6mFsIV9mRQHsHWRE&hl=en&sa=X&ved=0ahUKEwial-XSsNDUAhUB32MKHeICDXg4HhDoAQhCMAY#v=onepage&q=beatification%20Joan%20of%20Arc&f=false "The Beatification of Joan of Arc"] ''[[Current Literature]]'' vol. XLVI no. 6 (June 1909) pps. 601-603 [[Google Books]] 21 June 2017</ref>、午後に70人のフランスの高位聖職者の側で聖遺物を崇敬した<ref>[https://news.google.com/newspapers?nid=Fr8DH2VBP9sC&dat=19090419&printsec=frontpage&hl=en "The Maid of Orleans: Joan of Arc Beatified and The Pope Venerates the Relics"] ''[[Montreal Gazette]]'' (19 April 1909), p. 4 [[Google News Archive]] 18 October 2016</ref>。
 
ジャンヌの列福は、フランスの鋳造された硬貨と記念メダイの作成を容易にするジャンフィア転写彫刻機(ダイ彫刻パンタグラフとも呼ばれる)の発明とほぼ一致した。この発明は、既に確立されたフランスの彫刻の伝統とともに、ジャンヌの列福に新たな要素を追加した。彼女の人生からの場面を主としたセットのよく作られた宗教芸術のメダルである。
 
1911年には、エドモンド・リッチャーの初期のジャン=ヌ・ダルク時代の初期の歴史:1625である1625年から1630年にかけて書かれたオルレアンの乙女の物語は、1911年にアンリとジュール・デスクレエによって2巻で出版された<ref>[http://www.prdl.org/author_view.php?s=10&limit=10&a_id=872&sort= "Edmond Richer (1560-1631)"] ''[[Post-Reformation Digital Library]]''. Retrieved 15 September 2017</ref>。
 
第一次世界大戦中、フランス軍はジャンヌの聖画を戦場に持ち込んだ。ある戦闘中に、彼らは低雲に投射されたドイツ軍のサーチライトの形をジョアンの出現と解釈し、彼らの士気を大幅に強化した<ref>The Maid of Orléans:The Story of Joan of Arc Told to American Soldiers by Charles Saroléa, Georges Crès & Cie (1918)</ref>。
 
ジャンヌの列聖は1920年5月16日に行われ、ジャンヌの家族の子孫140人を含む60,000人以上がこの式に出席した。
ヴァンドーム]]、マルタ騎士団のランバンギ、現在の司教オコネル、ガブリエル・ハノトウ、[[ジナイダ・ユスポヴァ]]公女、[[イリナ・アレクサンドロヴナ]]公女、[[フョードル・アレクサンドロヴィチ]]皇太子、[[ミゲル2世・デ・ブラガンサ]]公、サリス・ソグリオ伯爵、ラファエル・ヴァレンティン・エラズリーツ、ディエゴ・ヴォン・ベルゲン、ジョン・パトリック・キャロル司教、エドワード・ジョセフ・ハンナ大司教、ダニエル・メアリー・ゴーマン司教、ローマのアメリカンカレッジの学生自治会のポール・ジョセフ・ナスバウム司教、[[サン・ピエトロ大聖堂]]に入り、儀式を主宰した教皇ベネディクトゥス15世を歓迎した現在の枢機卿メリー・デル・ヴァル、といった高位の人々が含まれる。ジャンヌの列聖をもたらす教皇ベネディクトゥス15世の教皇勅書は、同日付の『ディヴィナ・ディスポネンテ』である<ref>Pope Benedict XV, ''Divina Disponente'' (Latin), 16 May 1920, http://w2.vatican.va/content/benedict-xv/la/bulls/documents/hf_ben-xv_bulls_19200516_divina-disponente.html.</ref>。およそ10万人の人々が、ロンドンの[[ウェストミンスター大聖堂]]とフランスの教会で祝った<ref>[https://news.google.com/newspapers?nid=hqOjcs7Dif8C&dat=19200517&printsec=frontpage&hl=en "Maid of Orleans is Made a Saint"] ''[[The Toronto World]]'' (17 May 1920), p. 11 [[Google News Archive]] 19 May 2016</ref><ref>[https://news.google.com/newspapers?nid=ZWXmI6zqLYMC&dat=19200517&printsec=frontpage&hl=en "Joan of Arc is Decalred Saint in Ceremony by Church at Rome"] ''[[The Bakersfield Californian]]'' (17 May 1920), p. 2 [[Google News Archive]] 19 May 2016</ref><ref>[https://news.google.com/newspapers?nid=Aul-kAQHnToC&dat=19200517&printsec=frontpage&hl=en "Impressive Ceremonies Used in Canonizing Joan of Arc"] ''[[The Deseret News]]'' (17 May 1920), p. 8 [[Google News Archive]] 19 May 2016</ref><ref>[https://news.google.com/newspapers?nid=aEyKTaVlRPYC&dat=19200517&printsec=frontpage&hl=en "Joan of Arc is Exalted by Pope"] ''[[Telegraph-Herald]]'' (17 May 1920), pps. 1,8 [[Google News Archive]] 21 May 2016</ref><ref>[https://news.google.com/newspapers?nid=Fr8DH2VBP9sC&dat=19200517&printsec=frontpage&hl=en "Remarkable Scene: 100,000 Watched Great War Pageant in London"] ''[[Montreal Gazette]]'' (17 May 1920), p. 1 [[Google News Archive]] 22 May 2016</ref>。
 
1920年5月18日のル・マティンでは、元大統領のレイモンド・ポアンカレは、ジャンヌの列聖について、次のように記している。
1920年5月18日のル・マティンでは、元大統領のレイモンド・ポアンカレは、{{quotation|「ジャンヌの列聖は「彼女・ダルクの記憶の神聖さを永遠に結びつける彼女の使命の最後の部分を果たしているそして、私たち(かつての仇敵イングランドとフランス)ジャンヌの精神で、私たちは人類の利益のために団結し続けようと記している|<ref>[https://news.google.com/newspapers?nid=Fr8DH2VBP9sC&dat=19200517&printsec=frontpage&hl=en "Mission is Fulfilled: Spirit of Joan of Arc Unites Britain and France"] [[Edwin Leland James|Edwin L. James]] ''[[Montreal Gazette]]'' (17 May 1920), p. 1 [[Google News Archive]] 22 May 2016</ref>。
}}
== 人気 ==
[[File:St Joan of Arc Chapel.jpg|200px|thumb|{{仮リンク|マーケット大学|en|Marquette University}}の{{仮リンク|聖ジャンヌ・ダルク礼拝堂|en|St. Joan of Arc Chapel}}。(フランスより移築)]]
ジャンヌ・ダルクの記念日は5月30日である<ref>[http://www.pauline.or.jp/calendariosanti/gen_saint365.php?id=053001 5月30日 聖ジャンヌ・ダルクおとめ 女子パウロ会公式サイト Laudate]</ref>。1968年の改革は、より多くのヨーロッパ人以外の人々のための余地を確保するために、多くの中世ヨーロッパの聖人の日を一般のカレンダーから外したが、ジャンヌの祝祭日は、特にフランスの多くの地方および地域の教会カレンダーで祝われている。列聖以来、10年の間に世界中の多くのカトリック教会にジャンヌ・ダルクの名前が付けられている。
 
ジャンヌはカトリック教徒の中で人気が高く、特にフランスでは、愛国心と[[ナショナリズム]]、カトリックの信仰という要素によって民族の誇りと象徴となっている{{sfn|ペルヌー|2016|p=1}}。
1920年5月18日のル・マティンでは、元大統領のレイモンド・ポアンカレは、ジャンヌの列聖は「彼女の記憶の神聖さを永遠に結びつける彼女の使命の最後の部分を果たしている」そして、かつての仇敵イングランドとフランスは 「ジャンヌの精神で、私たちは人類の利益のために団結し続けよう」と記している<ref>[https://news.google.com/newspapers?nid=Fr8DH2VBP9sC&dat=19200517&printsec=frontpage&hl=en "Mission is Fulfilled: Spirit of Joan of Arc Unites Britain and France"] [[Edwin Leland James|Edwin L. James]] ''[[Montreal Gazette]]'' (17 May 1920), p. 1 [[Google News Archive]] 22 May 2016</ref>。
 
== 脚注 ==
{{Reflist|2}}
 
== 参考文献 ==
* レジーヌ・ペルヌー『奇跡の少女ジャンヌ・ダルク』遠藤ゆかり訳、塚本哲也監修、創元社、第1版第5刷、2016年6月20日。158頁。ISBN 978-4-422-21162-6。
 
{{christ-stub}}
{{France-stub}}
{{DEFAULTSORT:しやんぬたるくれつせい}}
[[Category:ジャンヌ・ダルク|れつせい]]