「臨済義玄」の版間の差分

(臨済と普化について追記)
 
=== 臨済と普化 ===
『[[臨済録]]』の「勘弁」編に登場する[[禅]]僧の'''[[普化]]'''(生没年不詳、普化を始祖とする宗派に[[普化宗]]がある)は、[[大悟]]したはずの臨済の上を行く存在として、重要な役割を演じているおり(臨済が'''シテ'''の立場であるとするなら、普化は'''ワキ'''の役どころを演じている)。ただし、その言行には異様なものが多く、[[風狂]]僧や[[神異]]僧の部類に属する。
* ある日、臨済は普化と施主の家に出かけた。臨済はお斎(法要の食事)をとりながら普化に「一毛が巨海を呑み込み、一粒の芥子が[[須弥山]](世界の中心にあるとされる想像上の山)を納めるというが、いったいこれは不思議な[[霊能力|神通]]の働きなのだろうか、それとももともと当たり前のことなのかね」とたずねた。すると普化は食卓を蹴り倒した。臨済は「なんと荒っぽい奴だ」と言うと、普化は「ここがいったい何処だからといって、荒いの細かいのというのだ」と言った。翌日もまた臨済は普化と供養を受けにでかけた。臨済は「今日の供養は昨日にくらべてどうかね」と言うと、普化はまた食卓を蹴り倒した。臨済は「よいにはよいが、何と荒っぽいやつだ」と言うと、普化は「'''わからぬ奴だ。仏法に荒いの細かいのがあろうか'''」と言い、思わず臨済は舌を巻いた。
* ある日、臨済は河陽・木塔の両長老と一緒に僧堂の地炉の内に坐っていた。そのおりに「普化は毎日街に出ては奇矯の振る舞いをしている。いったい[[凡人]]なのかそれとも[[聖人]]なのだろうか」と話していると、言いおわらぬうちに、普化がやってきた。そこで臨済は「お前さんは凡人なのかね聖人なのかね」と尋ねると、普化は「まずあんたがいいなさい。私は凡人なのか聖人なのか」と言った。そこで師は一喝した。すると普化は指をさしながら「'''河陽は花嫁、木塔は老婆の禅。臨済はこわっぱだが、まあ少しは見る眼がある'''」と言った。臨済は「'''この悪党め!'''」と言うと、普化は「'''悪党!悪党!'''」と言って、さっと出て行った。
* ある日、普化は僧堂の前で生の野菜を食べていた。これを見て師た臨済は言った、「'''まるで[[ロバ]]そっくりだな'''」。すると普化は「'''メー'''」と鳴いた。臨済は「'''この悪党め!'''」と言うと、普化は「'''悪党!悪党!'''」と言うなり、さっと出て行った。
* 普化はいつも街で[[鈴]]を振って「明晰にやってきたら明晰に応じる。混沌のままやってきたら混沌のままに応じる。明晰と混沌とが共々やってきたら旋風のように応じ、明晰でも混沌でもなければ連架のように応じる」と言っていた。臨済は侍者をやって、そのように言っているのを見かけたらとっつかまえて「そのどれでもない時にはどうする」と言わせた。普化は突き放して言った、「明日は大悲院で御供養がある」。侍者は戻って臨済に報告した。臨済は「わたしは以前からこの男はただ者ではないと思っていた」と言った。
* 普化はある日、街に行って僧衣を施してくれと人びとに頼んだ。皆がそれを[[布施]]したが、普化はどれも受け取らなかった。臨済は執事に命じて[[棺|棺桶]]一式を買いととのえさせ、普化が帰ってくると、「わしはお前のために僧衣を作っておいたぞ」と言った。普化はみずからそれをかついで、町々をまわりながら叫んだ、「臨済さんがわしのために僧衣を作ってくれた。わしは東門へ行って[[遷化]]するぞ」。町の人が競って後について行くと、普化は言った、「今日はやめた。明日南門へ行って遷化しよう」。こうしたことが三日も続くと、もう誰も信じなくなり、四日目には誰もついて来る者がなかった。そこで普化はひとりで町の外に出て、みずから[[棺]]の中に入り、通りがかりの人に頼んで蓋に釘を打たせた。この噂はすぐに広まった。町の人たちが先を争って駆けつけ、棺を開けてみると、なんと普化はもぬけのからであった。ただ、空中を遠ざかっていく鈴の音(ね)が、ありありと聞こえるだけであった。
 
== 伝記 ==