「部分的核実験禁止条約」の版間の差分

m
m (wikify)
 
== 概要 ==
1963年8月5日にアメリカ、イギリス、ソ連の3国外相により[[モスクワ]]で正式調印され、10月に発効した。発効までに108カ国(原調印国を含め111か国)がこの条約に調印した。一方で、[[中華人民共和国]]・[[フランス]]を含む十数カ国は調印しなかった。また、地下での[[核実験]]は除外されていたため、大国の核開発を抑止する効果は限定的だった。このため、[[1996年]]9月に[[包括的核実験禁止条約]]が国連総会によって採択されたが、[[20122018年]]現在も未発効である。
 
また、実験回数や規模の制限も無かったが、1974年にはアメリカ合衆国とソ連は[[地下核実験制限条約]]に署名し、地下核実験における最大[[核出力]]を150 ktに制限することとした。ただし、この条約の批准は1990年までずれ込んでいる。
1,586

回編集