「でぃす×こみ」の版間の差分

編集の要約なし
== 主な登場人物 ==
; 渡瀬かおる(わたせ かおる)
: 主人公。高校に通っているが、学業のほうは芳しくない。少年漫画が好きで小学生の頃から「わたせウネリ」というペンネームで投稿を繰り返しているが入賞したことは一度もない。かおる自身の作品を見た編集者曰く「キメ顔ばかり力を入れて話が乱雑」。痛快なバトル物が好きだが、描くとなると必要ない説明などにこだわった挙句、自分で張った伏線を放り出してしまう。
: 主人公。高校に通っているが、学業のほうは芳しくない。
; 渡瀬弦太郎(わたせ げんたろう)
: かおるの兄。セールスレディとして遅くまで働く母に代わり、料理や家事も行う。昔からかおるの漫画描きを手伝わされていたが、大学卒業を前に初めて自分で描いてみた作品「でぃす×こみ」が大賞に選ばれてしまう。
: 漫画のアイデアは「降って来る」と称するように理論立ててストーリーを作るわけではないが、他者への的確なアドバイスも行える。『でぃす×こみ』も当初は普通の男女のラブストーリー物だったが、いつの間にやらBLになっていた。描きあがった際に「自分の本名で出すイメージではない」とかおるの名前で応募した(前述の通り、かおるはペンネームを使っていたのでバッティングはしないと考えたのだが、本名を書き忘れた)。なお、本人にはそういう話を描いた自覚はない(曰く「切なくも美しい話」を描きたかった)
: 対外的には、かおるの保護者兼マネージャ、資料撮影用のカメラマンとして編集との打ち合わせに同席することも多い。就職活動では自分の希望をぶっちゃけすぎて全滅している
: 自分がストーリーを作るとそれは「かおるの作品ではなくなる」とのことでアドバイス以上のことは言わない。
; 八反田(はったんだ)
: 『フローラ』のベテラン女性編集者。かおるを気に入り、少々無理を押し付けてくるが、それもかおるの大成を願ってのこと。
; 飯坂(いいざか)
; 飯村
: フローラの新人編集者。編集部内の企画を出す際に、弦太郎にアドバイスを受けたことで大幅に改善、編集長にも認められるようになったため、弦太郎を尊敬する。
; 出井編集長(いでい-へんしゅうちょう)
; 編集長
: フローラの編集長。飯と編集長を除き、編集部は女所帯で、編集者間のみならず作家間の調整も滞りなく済ませる姿は、かおるに「美中年」を想起させた。
: BLには疎い。犬好きで、かおるの作品の中では飼い犬が人間化した話が好みのようで、たびたび好みであることを表明しているが、八反田には連載や単行本の表題にするのは無理と釘を刺されている。
; 岡部、高村(おかべ、たかむら)
: かおるのクラスメイトの男子。かおるの作品のファンとなる。
; 及川ナナオ(おいかわ ナナオ)
: ベテラン漫画家。男装の麗人と称される。かおるが勉強がてらにアシスタントを行う。
; 蘭丸しずか(らんまる しずか)
: かおると同じ奨楽社新人コミック大賞で賞を受賞し、デビューした漫画家。「蚊取犬丸」名義でハードなBL同人誌も作っている。本名は「鈴木」。
: BL属性を押し隠し受賞をものにしたものの、BLを全面に押し出して「でぃす×こみ」で大賞を受賞したかおるを敵視していたが、後に打ち解ける。
: コンビニのバイト中、および自室では牛乳瓶の底のような眼鏡をかけたショートカットだが、人前に出る際にはウイッグとコンタクト、メイクを決めた姿で行動する。
 
== カラー担当漫画家 ==
匿名利用者