「ストロベリー・ヒル・ハウス」の版間の差分

m
編集の要約なし
m編集の要約なし
ストロベリー・ヒル・ハウスはロンドン郊外にある[[トゥイッケナム]]の広大な地所に建てられている。
 
ウォルポールは1747年にこの地を借入れた。「ストロベリー・ヒル」というは、土地にあった小さな屋敷から見つかった古文書に記されていた古い地名にちなむである
翌1748年、ウォルポールは自邸の建設に着手し、1749年には正式に土地を購入した<ref>鈴木博之『建築の世紀末』p40。</ref>。建築師ロビンソンを雇い入れ、1754年頃までにゴシック風の自邸を造り上げた。ウォルポールは友人たちとともに空想をふくらませ、様々な中世建築から自分好みの装飾を引用し、ディテールを決定していった。
 
出来上がった邸宅は評判がよく、人々の中世への憧れをかき立てた。[[1757年]]からそこに印刷所をもうけ、自作やトマス・グレイその他友人の作品を次々と印刷出版した。ウォルポールはまた、ある日見た夢をもとに中世の古城を舞台にした幻想的な小説『{{仮リンク|オトラント城奇譚|en|The Castle of Otranto}}』([[1764年]])を書き、これも大きな評判を呼んだ。
 
ウォルポールはさらに邸宅の増築を重ね、はじめ対称的だった建物は不規則な形態になっていった。1759年にゴシック風の円塔、1763年に西側の増築部分、1777年に円錐屋根のボークレア塔を建てた<ref>日本建築学会『西洋建築史図集』三訂版p204。</ref>。
 
ストローベリ・ヒル邸内にはウォルポールの様々なコレクションが展示されており、ウォルポールは案内記を作成した。見学者希望者が多く、見学は1日1組に限定していたという。
 
ストローベリ・ヒル・ハウスと『オトラント城奇譚』はイギリスにおける[[ゴシック]]趣味の流行に決定的な影響を与えたと評されている。
 
==その後==