「単段式宇宙輸送機」の版間の差分

m
編集の要約なし
(→‎垂直着陸: 2段式ロケットの1段目としては実用化された旨で更新)
m
{{出典の明記|date=2012年9月25日 (火) 10:23 (UTC)}}
[[ファイル:Delta Clipper DC-X first flight.jpg|thumb|200px300px|SSTOの実験機 [[DC-X]] ]]
'''単段式宇宙輸送機'''(たんだんしきうちゅうゆそうき、{{lang-en|single-stage-to-orbit}}、'''SSTO'''と略す)は、[[燃料]]や[[ロケットエンジンの推進剤|推進剤]]のみを消費し、[[ロケット|エンジン]]や燃料タンクなどの機材を切り離さずに[[衛星軌道]]に到達できる[[宇宙機]]である。'''単段式宇宙往還機'''などとも訳す。"SSTO" は字義の上では必ずしも再使用できることを意味しないが、再利用しないものを捨てないメリットは薄いので、通常は単段式の'''再使用型'''宇宙往還機となる。
 
single-stage-to-orbit の訳であり、'''SSTO'''と略す。'''単段式宇宙往還機'''などとも訳す。"SSTO" は字義の上では必ずしも再使用できることを意味しないが、再利用しないものを捨てないメリットは薄いので、通常は単段式の'''再使用型'''宇宙往還機となる。
 
== 概要 ==
1,586

回編集