「日興」の版間の差分

編集の要約なし
(2014年以来、既に多くの出典が記載された。)
{{OtherusesOtheruseslist|人物'''[[鎌倉時代]]の[[僧侶]]'''|[[証券会社]]|SMBC日興証券}}
[[file:Sepoishi.jpg|thumb|『日興上人説法石』(大石寺境内)大石寺開創までの間この上で日興がしばしば説法した、と日蓮正宗では云われている{{Sfn | 第二祖日興上人御生誕七百七十年奉祝委員会 | 2015 | p = 35 }}。]]
'''日興'''(にっこう、[[寛元]]4年[[3月8日 (旧暦)|3月8日]]([[1246年]][[3月26日]]) - [[元弘]]3年/[[正慶]]2年[[2月7日 (旧暦)|2月7日]]([[1333年]][[2月21日]]))は、[[鎌倉時代]]の[[僧侶]]。[[日蓮]]の高弟[[六老僧]]の一人であり、白蓮阿闍梨と称する。[[富士門流|日興門流]]の祖{{Sfn | 日蓮宗事典刊行委員会 | 1981 | pp = 650,651,747 | ps = -但し、宗祖より白蓮阿闍梨の名を賜ったこと(p.650)、没年月日と日興門流(富士門流)の祖であること(p.651)、六老僧であること(p.747)、のみ。 }}。[[大石寺|富士大石寺]]の[[開山 (仏教)|開山]]にして、[[日蓮正宗]]第二祖に列せられる {{Sfn | 宗旨建立750年慶祝記念出版委員会 | 2002 | pp = 179,183,187 | ps = -但し、生年月日と日蓮正宗第二祖であること(p.179)、大石寺創建であること(p.183)、没年月日(p.187)のみ。}}。
 
 
__TOC__{{-}}
== 略歴 ==
{{年譜のみの経歴|date=2015年9月30日 (水) 23:14 (UTC)}}
 
* [[寛元]]4年([[1246年]])3月8日、[[甲斐国]]大井庄鰍沢([[山梨県]][[富士川町]]鰍沢)で誕生。
* [[正嘉]]2年([[1258年]])、富士岩本の[[実相寺 (富士市)|実相寺]]へ入室。名を伯耆房と賜わる。2月、[[日蓮]]が『[[立正安国論]]』の執筆に際し[[大蔵経]]を閲覧するため岩本の実相寺へ入った折、弟子となった。
=== 日蓮正宗の考え ===
日蓮の六人の直弟子は、日興と他の五人の弟子(日昭、日朗、日向、日頂、日持の五僧、以下「五人」と記す。)との間で、次に対比されるように、考えが大きく異なる。両者の違いが、日興の身延離山の遠因となる{{Sfn | 宗旨建立750年慶祝記念出版委員会 | 2002 | p = 185c | ps = -但し、一々の内容を除く。 }}。
* 五人は、日蓮の法門は[[天台宗]]で、天台沙門と名乗ったのに対し、日興は、天台の法門は、迹門であり、日蓮の法門は本門であるので、これを認めない。
* 五人は、[[伊勢神宮]]などの[[神社]]の参拝を認めたのに対し、日興は、謗法の国では善神がおらず、悪鬼神が住んでいるので、これを認めない。
* 五人は、如法経を勤行し、書写し供養するなどの修行をするのに対し、日興は、そうした修行は、末法の時代の修行ではないので、これを認めない。
* 五人は、[[日蓮]]の法門は天台宗なので、[[比叡山]][[出家]][[受戒]]を認めるが、日興は、日蓮の法門は法華本門なので、これを認めない。
(『富士一跡門徒存知事』{{Sfn | 日興他 | 1983 | pp = 119-120 | ps =-但し、原漢文。[{{NDLDC|953049/76}} 外部リンク]では、コマ番号76-77。 }}<ref group="注釈" name="f">{{Harv | 日蓮宗事典刊行委員会 | 1981 | p = 325 }}には、本書は「今日の学界では〔略〕日興の名に仮託して作られたものとされている」とある。</ref>)
 
=== 本六人 ===
'''本六人'''(ほんろくにん)とは、日興の本弟子6人のことである。[[永仁]]6年([[1298年]])の『弟子分本尊目録』に日興第一の弟子として6人記載されている{{Sfn | 榎木境道 | 2007 | p = 52 }}。
 
* 寂日房[[日華]] - [[妙蓮寺|下条妙蓮寺]]・[[大石寺|上条大石寺]]塔中[[寂日坊]]開基
* 新田卿蓮蔵房[[日目]] - 上条大石寺第3祖{{Sfn | 日蓮宗事典刊行委員会 | 1981 | p = 1262 }}{{Sfn | 日蓮宗寺院大鑑編集委員会 | 1981 | p = 1141 }}{{Sfn | 宗旨建立750年慶祝記念出版委員会 | 2002 | p = 334 }}{{Sfn | 日蓮正宗宗務院 | 2008 | p = 121 }}(18世紀の書物には第2代ともある<ref group="注釈">{{Harv | 日潮 | 1730 }}の [http://base1.nijl.ac.jp/iview/Frame.jsp?DB_ID=G0003917KTM&C_CODE=0214-29802&IMG_SIZE=800%2C600&IMG_NO=27 目次](右ページの右から2行目)や[http://base1.nijl.ac.jp/iview/Frame.jsp?DB_ID=G0003917KTM&C_CODE=0214-29802&IMG_SIZE=800%2C600&IMG_NO=487 題・本文] (左ページの右から4行目および最左行)には、「第二代」とある。</ref>)
=== 新六人 ===
日興は重須談所にて弟子の育成に努めたが、その晩年には本六人の大半が逝去していたため新たに6人の高弟を定める。彼らは本六人と区別するため'''新六人'''(しんろくにん)と呼ばれた。ただし、その人名については疑問が残されている{{Sfn | 榎木境道 | 2007 | pp = 54-56 }}。
 
* [[日代]] - 重須養運坊・[[西山本門寺]]開基
* [[日澄]] - [[北山本門寺|重須]]初代学頭
など
 
== 本尊(曼荼羅)書写 ==
全部で300体ほど書写したといわれている。
 
 
== 外部リンク ==
* [http://park16.wakwak.com/~honmonji/ 富士山重須法華本門寺根源] {{ja icon}} - [[重須本門寺]][[北山本門寺]]
 
 
{{先代次代上人|[[大石寺住職一覧]]|[[日蓮]]|[[日目]]}}
|[[大石寺住職一覧]]
|[[日蓮]]
|[[日目]]
}}
{{日蓮六老僧}}
{{日興本六僧}}
861

回編集