「ロバート・ハート」の版間の差分

編集の要約なし
'''初代[[准男爵]]、サー・ロバート・ハート'''({{lang-en-short|Robert Hart}}、赫徳、[[1835年]] - [[1911年]])は、清朝末期に洋関総税務司を務めたイギリス人。
 
[[アイルランド]]、[[アルスター]]の[[アーマー州]][[ポータダウン]]に生まれた。
[[アイルランド]]、[[アルスター]]の[[ポータダウン]]に生まれた。1853年にクイーンズカレッジを卒業、翌年[[香港]]に着いて中国語を学び、[[寧波]]に移った後1858年に広東領事館の連合軍軍政庁書記官に就任、翌年広東海関の副税務司に就任した。1863年に総税務司に就任後、40年近く中国に滞在し、一定の影響力を持った。1900年の[[義和団の乱]]の際には外交交渉に奔走した。1908年に賜暇を許され帰国し、3年後に総税務司在職のまま死去。死後、現在の上海海関前に彼の銅像が建てられたが今は残っていない。
 
[[アイルランド]]、[[アルスター]]の[[ポータダウン]]に生まれた。1853年にクイーンズカレッジを卒業、翌年[[香港]]に着いて中国語を学び、[[寧波]]に移った後1858年に広東領事館の連合軍軍政庁書記官に就任、翌年広東海関の副税務司に就任した。1863年に総税務司に就任後、40年近く中国に滞在し、一定の影響力を持った。1900年の[[義和団の乱]]の際には外交交渉に奔走した。1908年に賜暇を許され帰国し、3年後に総税務司在職のまま死去。死後、現在の上海海関前に彼の銅像が建てられたが今は残っていない
 
1900年の[[義和団の乱]]の際には外交交渉に奔走した。1908年に賜暇を許され帰国し、3年後に総税務司在職のまま死去。
 
死後、現在の上海海関前に彼の銅像が建てられたが今は残っていない。
{{Normdaten}}
{{History-stub}}
 
{{デフォルトソート:はあと ろはあと}}
[[Category:清代の人物]]