「注意欠陥・多動性障害」の版間の差分

→‎症状: 出典追加
m (→‎その他の疾患: 学術用語専門用語は慣習(論文検索で睡眠てんかんしかヒットしない))
(→‎症状: 出典追加)
年齢が上がるにつれて見かけ上の「多動(落ち着きがなくイライラしているように見える)」は減少するため、かつては子供だけの症状であり、成人になるにしたがって改善されると考えられていたが、近年は大人になっても残る可能性があると理解されている{{Sfn|英国国立医療技術評価機構|2008|loc=Information for the public}}。その場合、たいてい症状は弱くなっている<ref name="DSM-5エッセンスADHD"/>。
 
その場合は多動ではなく、感情的な衝動性(言動に安定性がない、順序立てた考えよりも感情が先行しがち、論理が飛躍した短絡的な結論に至りやすい)や注意力(シャツをズボンから出し忘れる、シャツをズボンに入れ忘れる、ファスナーを締め忘れるといったミスが日常生活で頻発する、など)や集中力の欠如が多い<ref name="集中できない子供たち">R.A.バークレー(マサチューセッツ大学医療センター)著 石浦章一訳 「集中できない子供たち 注意欠陥多動性障害」『日経サイエンス「脳から見た心の世界」』2007年12月10日発行1版1刷</ref><ref>{{Cite web|url=https://select.mamastar.jp/239071|title=「友達とのトラブル」はママの育て方が原因ではない?「ADHD」の真実とは|publisher=ママスタセレクト|accessdate=2018-05-20|date=2018/05/17}}</ref>。
 
==原因==
3,194

回編集