「投機」の版間の差分

タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集
タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集
商取引可能な物であれば、全て投機の対象となる可能性があるが、特に[[株式]]、[[商品]]、[[不動産]]、[[通貨]]、[[債券]]、仮想通貨などは、一定規模の[[市場]](マーケット)があり、広く投機の対象となっている。
 
貨幣経済が発達する前には[[穀物]]や[[貴金属]]が投機の対象となっていた。[[日本]]では長い間[[米]]が[[日本の経済|経済]]の基本であったことから、流通量が少なく相場が上昇する[[飢饉]]の年には売り惜しみや買い占めを招き、主食たる米の小売価格が高騰するだけではなく、[[農家]]は自ら口にする米や種籾すら手元に残らず餓死するケースすらあった。[[米騒動]]の主因は売り惜しみによる米価の高騰だった。また[[江戸時代]]にすでに、豊作の年に[[空売り]]による相場操縦で市況を悪化させ、これを理由に所払いになる商人なども現れた。[[元禄]]10年([[1697年]])に[[大阪府|大阪]]・[[堂島米会所]]が、その後全国各地に取引所が開設され、[[明治]][[大正]]期の米穀取引所に引き継がれて活発に取引がなされた。[[第二次世界大戦]]中に[[食品|食糧]]統制の観点から[[食糧管理制度|食管法]]により公定価格が定められると、投機の対象は他の商品に移り、米相場は消滅した。
 
変わったところでは、16世紀オランダの[[チューリップ・バブル|チューリップ]]、日本では明治時代の[[万年青]]、[[ウサギ]](本来は食用だが投機の対象は観賞用に品種改良されたもの)、大正・[[昭和]]初期の小鳥といった生き物まで投機の対象になったことがある。近年でも[[クワガタ]]や[[東洋ラン]]、[[盆栽]]や[[奇石]]などが投機の対象とされることがある。[[絵画]]や芸術品、[[競走馬]]などは投機の対象として著名であり、対象とされる物は枚挙にいとまが無い。
 
一般には、「投機」と言う言葉は[[投資]]と[[対義語]]のように扱われ、否定的に語られる(たとえば債券関係の格付けで、元本が返済されないリスクが高い=金利の高いものを「投機的」レベルという<ref>[http://www.nikkei.com/money/investment/toushiyougo.aspx?g=DGXIMMVEW4005006052010000001 日本経済新聞・きょうのキーワード「投機的水準」]</ref><ref>[http://www.nomura.co.jp/terms/japan/to/a01881.html 野村證券・証券用語解説集「投機的格付け」]</ref><!--{{要出典|date=2014年2月}}-->)。
 
しかし投機は投資という行為の一形態であり{{要出典|date=2014年2月}}、両者を分けるのは主にその言語を使う者の主観によることが多い。たとえ「投機的」なものであっても、市場(マーケット)においては流動性を高める働きや、広義の[[リスクヘッジ]]の機会を提供するものである。一方で銀行による資金の供給が、ことに株券や土地を担保とした場合、時に投機資金に流用され[[バブル経済|バブル]]などの市場混乱を引き起こす場合もある。
21,143

回編集