「ジャンヌ・ダルク列聖」の版間の差分

編集の要約なし
 
== 概要 ==
1431年、ジャンヌ・ダルクは[[イングランド]]支持の聖職者による[[ジャンヌ・ダルク処刑裁判|宗教裁判]]で異端として火刑に処されたが、死後の再審により1456年に[[ジャンヌ・ダルク復権裁判|復権]]。1869年に、[[フランス]]の[[オルレアン]]の司教{{仮リンク|フェリックス・デュパンルー|en|Félix Dupanloup}}がジャンヌの列聖を申請した{{sfn|ペルヌー|2016|p=121}}。1909年4月18日にローマ教皇[[ピウス10世 (ローマ教皇)|ピウス10世]]により[[列福]]。その後、1920年5月16日に教皇ベネディクトゥス15世により列聖される<ref>[http://www.newadvent.org/cathen/08409c.htm St. Joan of Arc Catholic Encyclopedia]</ref>。そして、フランスのカトリック教徒とフランスのためにイングランドと戦うことを神によって命じられたという話に触発された兵士たちの守護聖人となる。多くのフランス政権はジャンヌの崇敬を奨励し、フランス第三共和制は1905年の政教分離の前に列聖嘆願書に賛成していた。
 
== 聖人への経路 ==
=== ジャンヌの死と15世紀 ===
宗教裁判所によって破門されたか、調査された他の聖人と同様に、(例えば[[アレクサンドリアのアタナシオス]]、[[アビラのテレサ]]と[[十字架のヨハネ]])ジャンヌは審問の法廷によって審理された。ジャンヌの場合は、法廷はルーアンの{{仮リンク|ヴィユ・マルシェ広場|fr|Place du Vieux-Marché)}}で彼女の処刑に至って、イングランド(北フランスを占領していた)によって影響されていた。フランスが1449年にルーアンを取り戻したとき、一連の調査は開始された。ジャンヌの生存している家族、母の{{仮リンク|イザベル・ロメ|en|Isabelle Romée}}と2人の兄{{仮リンク|ピエール・ダルク|fr|Pierre d'Arc}}とジャン(オルレアンの包囲戦でジャンヌと共に戦った{{sfn|ペルヌー|2016|p=47}})は、教皇[[ニコラウス5世 (ローマ教皇)|ニコラウス5世]]にジャンヌの事件の再審を請願した。正式な訴えは、教皇[[カリストゥス3世 (ローマ教皇)|カリストゥス3世]]の庇護を受け、ジャン・ブレアル異端検察総監によって、1455年に行われた。イザベルは、ノートルダム大聖堂で上告事件を審理する裁判の開会式で熱のこもった訴えで彼女の娘の名誉を明らかにすることを求める演説した。ブレアル異端検察総監は教会法に違反した法廷によって処刑された殉教者として記述した事件の証拠をまとめ、1456年7月7日にジャンヌの[[ジャンヌ・ダルク処刑裁判|前判決]]が破棄され、有罪判決の無効が宣言された<ref>Pernoud, Regine. "Joan of Arc by Herself and Her Witnesses". Scarborough House, 1994; pp 268-269.</ref>。オルレアン市は1432年から毎年ジャンヌを記念し、1435年以降は、包囲の解除を中心とする宗教的な演劇を行った。その演劇は、ジャンヌが天使に導かれる神聖な救済者として表現されている
フランスが1449年にルーアンを取り戻したとき、一連の調査は開始された。ジャンヌの生存している家族、母の{{仮リンク|イザベル・ロメ|en|Isabelle Romée}}と2人の兄{{仮リンク|ピエール・ダルク|fr|Pierre d'Arc}}とジャン(オルレアンの包囲戦でジャンヌと共に戦った{{sfn|ペルヌー|2016|p=47}})は、教皇[[ニコラウス5世 (ローマ教皇)|ニコラウス5世]]に彼女の事件の再審を請願した。正式な訴えは、教皇[[カリストゥス3世 (ローマ教皇)|カリストゥス3世]]の庇護を受け、ジャン・ブレアル異端検察総監によって、1455年に行われた。イザベルは、ノートルダム大聖堂で上告事件を審理する裁判の開会式で熱のこもった訴えで彼女の娘の名誉を明らかにすることを求める演説した。 ブレアル異端検察総監は教会法に違反した法廷によって処刑された殉教者として記述した事件の証拠をまとめ、ジャンヌは1456年7月7日に解放された<ref>Pernoud, Regine. "Joan of Arc by Herself and Her Witnesses". Scarborough House, 1994; pp 268-269.</ref>。オルレアン市は1432年から毎年ジャンヌを記念し、1435年以降は、包囲の解除を中心とする宗教的な演劇を行った。その演劇は、ジャンヌが天使に導かれる神聖な救済者として表現されている。
 
訴えの後まもなく、教皇[[ピウス2世 (ローマ教皇)|ピウス2世]]は回顧録で、ジャンヌについて賛成を示す箇所を書いている。