「ミスラ」の版間の差分

編集の要約なし
[[画像:0 Relief représentant Mithra - Louvre-Lens (2).JPG|thumb|ローマのミトラス]]
{{Zoroastrianism}}
'''ミスラ'''(Miθra)[[イラン神話]]に登場し、する英雄神として西アジアから[[ギリシア]]・[[ローマ]]に至る広い範囲で崇められた[[神]]。[[インド神話]]の神'''ミトラ'''(मित्र [mitra])と起源を同じくする、[[インド]]・[[イラン]]共通時代にまで遡る古い神格である。その名は本来「'''契約'''」を意味する。
 
本項では、イランでのミスラの他、インドのミトラやギリシア・ローマのミトラース(ミトラス)についてもここで説明する。
 
== インドのミトラ ==
[[インド神話]]では、契約によって結ばれた「'''盟友'''」をも意味し、友情・友愛の守護神とされるようになった。また、[[インドラ]]神など他の神格の役割も併せ持った。『[[リグ・ヴェーダ]]』では[[アディティ]]の産んだ十二柱の太陽神([[アーディティヤ神群]])の一柱で、毎年6月の一カ月間、太陽戦車に乗って天空を駆けるという。また、同じくアーディティヤ神群の一柱である[[ヴァルナ (神)|ヴァルナ]]とは表裏一体を成すとされる。この場合、ミトラが契約を祝福し、ヴァルナが契約の履行を監視し、契約に背いた者には罰を与えるという。
 
[[ミタンニ]]文書でもミトラはヴァルナ、[[インドラ]]、[[アシュヴィン双神|ナーサティヤ]]とともに現れる<ref>{{cite journal|author=Paul Thieme|title=The 'Aryan' Gods of the Mitanni Treaties|year=1960|journal=Journal of the American Oriental Society|volume=80|issue=4|pages=301-317|jstor=595878}}</ref>。
 
後世のインド神話ではあまり活躍しない。
== ゾロアスター教のミスラ ==
[[画像:Mithra&Antiochus.jpg|thumb|left|ミスラ(右側)]]
ミスラは司法神であり、光明神であり、闇を打ち払う戦士・軍神であり、牧畜の守護神としても崇められた。古くは[[アフラ・マズダー]]と表裏一体を成す天則の神だったが、[[ゾロアスター教]]に於いてはアフラ・マズダーが絶対神とされ、ミスラは[[ヤザタ]]の筆頭神に位置づけられた。このような変化があったものの、「ミトラはアフラ・マズダーと同等」であることが、経典の中に記され、初期の一体性が保存された。中世の神学では特に司法神としての性格が強調され、千の耳と万の目を以て世界を監視するとされる。また、死後の裁判を司るという。
{{-}}