「ヒンドゥー教徒」の版間の差分

追加の説明と正しい情報を追加しました。また、誤解を招く表現を削除しました。
(追加の説明と正しい情報を追加しました。また、誤解を招く表現を削除しました。)
{{Cleanup|date=2010年12月}}
ヒンドゥー教徒とは、ヒンドゥー教に関して文化的、民族的、または宗教的に従う人を指す。<ref>{{Cite book|author=Jeffery D. Long, ISBN 978-1845112738, pages35-37|title=A Vision for Hinduism|date=2007|year=|accessdate=2007|publisher=IB Tauris|author2=|author3=|author4=|author5=|author6=|author7=|author8=|author9=}}</ref>歴史的には、インド亜大陸の人々を地理的、文化的、そして後には宗教的に識別するために使用されてきた。<ref>{{Cite book|author=Brian Pennington (2007), ISBN 978-0195326000, pages 111-118|title=Was Hinduism Invented?Britons, Indians, and the Colonial Construction of Religion|date=|year=|accessdate=|publisher=Oxford University Press|author2=|author3=|author4=|author5=|author6=|author7=|author8=|author9=}}</ref>
[[File:HinduDevoteeNepal.jpg|thumb|伝統的な衣装をまとったヒンドゥー教徒の子供]]
 
ヒンドゥーという言葉の歴史的意味は時とともに進化してきた。ペルシャとギリシャが西暦前1千年のインダス地域に言及したことから始まった。<ref>{{Cite book|author=|title=Flood 1996, p. 6.|date=|year=|accessdate=|publisher=Flood 1996, p. 6.|author2=|author3=|author4=|author5=|author6=|author7=|author8=|author9=}}</ref>ヒンドゥーと言う用語は、インド亜大陸のシンドゥ(インダス)川周辺及びそれを超える地域に住んでいる人々を地理的、民族的、また文化的に識別する意味を持つ。<ref>{{Cite book|author=John Stratton Hawley and Vasudha Narayanan (2006), ISBN 978-0520249141, pages 10-11|title=The Life of Hinduism|date=|year=|accessdate=|publisher=University of California Press|author2=|author3=|author4=|author5=|author6=|author7=|author8=|author9=}}</ref>16世紀以降は、トルコ人やムスリム以外のインド亜大陸に住む人々のことを指すようになった。<ref>{{Cite book|author=John Stratton Hawley and Vasudha Narayanan (2006), ISBN 978-0520249141, pages 10-11|title=The Life of Hinduism|date=|year=|accessdate=|publisher=University of California Press|author2=|author3=|author4=|author5=|author6=|author7=|author8=|author9=}}</ref>[[File:HinduDevoteeNepal.jpg|thumb|伝統的な衣装をまとったヒンドゥー教徒の子供]]
{{Hinduism}}
'''ヒンドゥー教徒'''(ヒンドゥーきょうと、Hindu)は、[[ヒンドゥー教]]の信者。
 
== 概要 ==
人数は[[キリスト教]]徒([[キリスト教徒|クリスチャン]])、[[ムスリム]]([[イスラム教]]徒)につづく。しかし、地域的には著しい偏りがあり、ヒンドゥー教徒の大半は[[南アジア]]に暮らしている。これはヒンドゥー教がインドに土着の信仰に由来するためであり、ヒンドゥー教と結びついた[[カースト]]制度がインドの外では受け入れられにくいためである。インドでは、近年もムスリムなどの[[異教徒]]とヒンドゥー教徒の暴力的な争いがしばしば発生している。
 
;地域やカーストによって信仰形態が著しく異なる
一般の'''ヒンドゥー教徒'''は、[[輪廻]][[転生]]などの宗教観念を共有しながらも、長い歴史を経て生活に深く根付いた習慣や[[身分]]([[カースト]])に従って多様な生活を送っている。日々の礼拝・儀礼や年中行事や冠婚葬祭の習慣はカーストや土地や信仰する神によって著しく異なる場合が多い。カーストによる[[差別]]は1950年に[[インド憲法|憲法]]で禁止されているが、それでもまだ根強く残っている。
 
; 多数の言語を話す人々に信仰されている
 
; アジア地域における信仰の広がり
インドでは人口の81.4%を占める8億2760万人、[[ネパール]]では人口の過半数、[[バングラデシュ]]では人口の14%、[[スリランカ]]は15%が'''ヒンドゥー教徒'''である<ref>『インドを知る辞典』 23頁。</ref>。[[インドネシア]]の[[バリ島]]では人口の約9割が[[バリ・ヒンドゥー]]と呼ばれる独自の習合宗教を奉じ、[[マレーシア]]、[[シンガポール]]にも相当数のインド系住民に信仰されている。世界全体での信者数を比較してみるとヒンドゥー教徒は仏教徒よりも多くなる。信者が地域的に偏在していることもあって、日本では[[世界宗教]]ではなく[[民族宗教]]と考えられており、[[世界三大宗教]]の座を[[仏教]]に譲っている。
 
== 脚注==
匿名利用者