メインメニューを開く

差分

== 歴史 ==
=== 欧米における歴史 ===
検索エンジンのしりは[[1994年]]に[[スタンフォード大学]]の[[ジェリー・ヤン]]と[[デビッド・ファイロ]]が開発した[[Yahoo!]]である<ref name="chisiki">{{Cite book |和書 |author1=時実象一 |author2=都築泉 |author3=小野寺夏生|year=2010 |title=新訂情報検索の知識と技術 第3版 |page=58|publisher=情報科学技術協会 }}</ref>。Yahoo!は[[ウェブディレクトリ|ディレクトリ型]]の検索エンジンで人手でウェブ上のページを収集して体系的に整理したものインターネットの普及に大きな役割を果たした<ref name="chisiki" />。
 
その後、ウェブ上の情報を自動的に探索して情報を索引として整理するロボットまたはクローラと呼ばれるプログラムが開発された<ref name="chisiki" />。ロボット型検索エンジンの中でも[[ラリー・ペイジ]]と[[セルゲイ・ブリン]]が開発した[[Google検索]]は検索結果のランキングと高速検索に優れていたため検索エンジンのトップに躍り出た<ref name="chisiki" />。
匿名利用者