「RPG伝説ヘポイ」の版間の差分

編集の要約なし
; リュート
: 声 - [[草尾毅]](タイトルコールも兼任)
: ドラゴニアを統べる竜人族の王子だったが、幼少期に魔王軍の侵攻によって両親を失い、忠臣たちによって密かに育てられていた。その後、次期へポリスの勇者となるべくヘポリスの勇者の剣を引き抜こうとしてヘポイらの前に現れた。が、剣には認められず以降はヘポイたちの仲間として旅に加わる。高い身体能力を持ち、戦闘では武器として短剣にも変形するヘポリスの力を宿した[[ブーメラン]]・「スラッシャー」を操る。尊大かつ口が悪いが、思いやりに溢れる優しい人物。
: ミーヤとは凸凹コンビだったが、ヘポイ不在の中盤のifの未来では彼女と別れ、同族らと共にドラクネスと戦っている姿を見られる等、物語の中ではそれ以上の関係には発展しなかった。ドラクネスにスラッシャーとヘポイから借りた鎧玉を破壊されて敗れた後に捕らえられ、命からがら脱走するも荒廃した世界で生きる内、殺人も辞さない非情さを身に付ける。しかし、ヘポイとの再会の末にかつての自身を取り戻した。元の時代に戻ってきたヘポイと共にヘポリスの力の修行に付き合い、へポリスの力の能力者となる。劇中では、勇者へポリスの血が流れているという説明がある。その際、「破邪の剣(はじゃのけん)」の使い手になる。最後の戦いにおいては、キングキャッスルと格闘中のダークキャッスルの内部に単身侵入し、ある真実を知ることになる。エピローグではドラゴニア国王となるも、ヘポイやミーヤと旅立つ道を選ぶ。その際ブンザエモンを煙たがり、彼を置いていく旨をヘポイたちに語っていた。同族の彼女もちゃっかり作っていたりする。
: 漫画版ではサーベルが武器で、必殺技は相手を横薙ぎに一刀両断する「飛龍稲妻斬り(スタードラゴンサンダーブレード)」。
; 魔王ドラクネス
: 声 - [[飯塚昭三]]
: 世界中の良い心を封印せし魔族の王。前ヘポリスの勇者を倒した張本人。別名「魔界大王(まかいだいおう)」。勇者の剣と対をなす「魔王の剣(まおうのけん)」を武器とする他、闇の力・「邪心御(ダークヘポリス)」自在に操る。相手のエネルギーを憎しみの心に比例して吸い取ることが可能で、何度倒されても復活してしまうという特殊能力を持つが、実際には勇者へポリスの力だけが分化して生まれたヘポイとは同様の存在であり、彼自身に見えたのは鎧であり中身は空。その肉体は自らのダークへポリスを鎧に注ぎ込んで操っていた影響により、妹のケイトと比べると急激に老化している。
: 最後の最後まで与えられた使命をまっとうしようとしたが、リュートの活躍で復活の力の源を絶たれ、鎧を着て最後の対決に臨むも、仲間たちの友情に支えられたへポイに倒される。部下をも平気で切り捨てる非情な性格だったが、心の底では友情を羨ましく思っていた。そのため、ヘポイに敗れると彼を称賛しつつ消滅した。
; ジャークン/ジャー君
 
=== MD(マジカル・ドロイド)ナイト ===
: キャッスルの武器等に変形可能な小型の機神。ダンシリーズ・デンシリーズ・ガンシリーズ・ドンシリーズ・ザンシリーズ・バンシリーズの六種類の種族で構成される。キャッスルたちとは異なり、キャッスルプリンセスの封印後も稼働し続けている描写がある。
 
; 闘士ダンアロー
: 声 - [[池水通洋]]
: 城攻用大型石弓に変形。ドラゴンキャッスルを守護するダンアロー隊の隊長。ダンアロー隊の隊員として同型の親戚の五人兄弟(ダンタロー(声 - [[千葉一伸]])・ダンジロー・ダンサブロー・ダンシロー・ダンゴロー)がいる。額にダンシリーズの紋章・「ダン・クレスト」を、頭部にかつて弓型のMDナイトだった名残である弓状をした一対の角・「ボウボーン」持ち、胸部の「サエテルサイト」を使っての狙撃命中率は100%。ヘポイの勇者の素質を見定めるべく試練を与え、試練を乗り越えたヘポイにドラゴンキャッスルの封印魔石を与えると共に、リュートに自身を武器として使うことを認めた。
: 漫画版ではドラゴンキャッスルの復活に対しては消極的だったが、ドラゴニア王族にしか懐かないとされるスタードラゴンを手懐けたリュートを見て考えを改めた。
; 剣士デンソード
: 声 - 星野充昭
: キングキャッスルの手持ち武器となるソードに変形可能。バトルキングキャッスルを守護していが使用するために造り出され存在。必殺技はソード形態で背中の「デンジボックス」から放たれる電流を纏って相手を切り裂く「デンクラッシュ」。アニメではバトルキャッスルを守護していた。玩具の変形ギミックは「[[勇者指令ダグオン]]」のライアンとほぼ同様。
; 勇士ガンクロス
: 声 - 千葉一伸
; キャッスル
: 城などの建築物を模した巨大ロボットの姿をした戦士の種族の総称。
; MD(エムディー-)ナイト
: キャッスルの武器等に変形可能な小型の機神。基本的にキャッスルたちによってダイムで雇われたり、自身らが認めた者に力を貸す。ダンシリーズ・デンシリーズ・ガンシリーズ・ドンシリーズ・ザンシリーズ・バンシリーズの六種類の種族で構成される。キャッスルたちとは異なり、キャッスルプリンセスの封印後も稼働し続けている描写がある。
; へポリス
: ごく一部の限られた者たちが使える聖なる力。天・地・空の三つの力を一つにすることでその真の力を発揮する。邪悪な者が使う場合は闇の力・「ダークへポリス」となる。
; ダイム
: 本作世界に存在する金貨。通常のダイムは通貨として使われているが、魔法の力を宿した様々な「マジカルダイム」も存在する。
 
== 関連事項 ==
* [[神田正宏]]による漫画版が「[[コミックボンボン]]」に連載されており、2巻まで単行本化されたが、最終回を含めた3話分が単行本未収録。途中からハードな展開となるアニメ版とは対象的に、序盤こそややシリアスな展開ながら中盤以降はコメディ色の強い作風になっている。また、商品化されていながらアニメ版では登場しないキャッスルも何体か登場する。
* セガ(後の[[セガゲームス]])から[[メガドライブ]]用のゲームが発売される予定であったが、結局リリースされることはなかった。
* キャッスルの組み立てモデル・「ファンタGギア(ファンタジーギア)」が発売され、「不思議ミック」と呼ばれるアクション機構が付いていた。ハイパードラゴンキャッスルとジャークバトルキャッスルの2種類は、既存商品に新規パーツを追加し劇中同様のパワーアップを再現した商品。キングキャッスルは城から人型へ組み換え変形することが可能だった。
8,055

回編集