「骨法 (格闘技)」の版間の差分

240F:5:4A85:1:488A:4B40:7F18:D37B (会話) による ID:68733466 の版を取り消し
(→‎中国起源説1: jんkjsnおいsんどインsどいいんkcjっぜfねkjsvんwkじぇんゔぃううぇんゔぃううぇんゔぉいえ)
タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集
(240F:5:4A85:1:488A:4B40:7F18:D37B (会話) による ID:68733466 の版を取り消し)
タグ: 取り消し
=== 中国起源説1 ===
[[堀辺正史]]の系統以外の骨法の流派([[玉虎流]]、[[虎倒流]]、[[古代骨法体術源流天心流]]など)は、[[中国武術]]が起源であるとしており、骨法が柔術等の日本の伝統徒手武術の異称のひとつであることも否定していない。
日本固有説を唱える[[堀辺正史]](後述)は、著書『喧嘩芸骨法』の中で、「骨法が[[唐]]の[[僧]]・[[鑑真]]から学んだ[[中国武術|中国拳法]]であるという説は、[[藤原仲麻呂]]によってでっち上げられた」としている。また、堀辺は著書で堀辺家には藤原仲麻呂と[[志賀清林]]を同一人物と伝える口伝があったと記している(ただし、この口伝については、堀辺自身が著書で「この二人が同一人物であったとは考えられない」と記している)。
日本固有説を唱える[[堀辺正史]](後述)は、著書『喧嘩芸骨法』kjvwrkfjwねおうfんうぇうふぇwbfkjべfkjbうぇじぇkwjfbkwじぇfbうぇkjcんじぇんdkjうぇんでkじゃんdlじぇんdlじぇねkぢなおいdんうぇおいねwぴcjくぇいほふぃwjふぉいwじょいfjろいえじょいでwじwjfhくdうぇgふぉうひふえふぉうfふぇおうfをいえhふうぇbふぉいうぇhふぉいえwふえwhふぉえうぃほcいwのづsんどいsんどいうぇんどいwんゔぃhどいんでぃんc絵おインc本どぇふぉいwじょえmfpmwfウェfをえmfうぇいええにエンフォい陽円c毛な延長いの井家おいウェイ
の中で、「骨法が[[唐]]の[[僧]]・[[鑑真]]から学んだ[[中国武術|中国拳法]]であるという説は、[[藤原仲麻呂]]によってでっち上げられた」としている。また、堀辺は著書で堀辺家には藤原仲麻呂と[[志賀清林]]を同一人物と伝える口伝があったと記している(ただし、この口伝については、堀辺自身が著書で「この二人が同一人物であったとは考えられない」と記している)。
 
=== 中国起源説2 ===
2,510

回編集