メインメニューを開く

差分

[[航空機]]の技術であるモノコック構造を応用した超軽量構造と、[[アメリカ合衆国|アメリカ]]からの技術導入による最新鋭の電装機器を兼ね備え、それ以前の[[日本]]の[[電車]]とは隔絶した高性能と軽快な車体スタイルを実現した。
 
下ぶくれの愛嬌ある車体形態はライトグリーン([[萌黄]]色)1色に塗装されていたことから[[カエル]]を連想させ、「'''青ガエル'''」「'''雨ガエル'''」などの[[鉄道の車両愛称|愛称]]で利用者に親しまれた。ただし当初は東急では正式な名称として認めていなかったという(その後「青ガエル」に限り東急でも使用するようになった[http://www.tokyu.co.jp/file/170817.pdf])。このライトグリーンは当初透明感のある彩度の高いものであったが、退色しやすいため後に彩度を落とした濃い色が使用された。以降この色は東急電鉄の鋼製車の標準色とされ、新製時から赤帯を前面に配していた[[東急8500系電車|8500系]]が登場するまでは東急電車を象徴する色になっていた。なお後述する渋谷のカットボディの塗色は往年の濃い色である。
 
東急では[[1980年]](昭和55年)春に[[東急東横線|東横線]]の運用から退き、[[東急大井町線|大井町線]]での運用車もその前年には[[二子玉川駅|二子玉川園駅]]以西への乗り入れをやめている(なお当時まで大井町線区間も[[東急田園都市線|田園都市線]]に含まれていた)。[[1986年]](昭和61年)までに全車[[廃車 (鉄道)|廃車]]されたものの、[[1970年代]]以降は地方の中小[[私鉄]]に大量譲渡されており、そこで運用され続けていたが<ref>ネコ・パブリッシング『復刻版・私鉄の車両4 東京急行電鉄』 49頁</ref>、車両の老朽化と大手私鉄からの車齢の若い中古車両の導入により、そこでの運用からも退いて行き、熊本電気鉄道が保有していた最後の5101A号車が[[2016年]](平成28年)2月14日に引退した<ref>[http://www.kumamotodentetsu.co.jp/news/20160108853.html 「5101A号車の引退について」 熊本電気鉄道株式会社公式HP]</ref>。
匿名利用者