「鉢」の版間の差分

編集の要約なし
 
== 歴史 ==
'''鉢'''の[[語源]]は[[梵語]]にまで遡る。元は[[僧侶]]が[[托鉢]]の際にもつ[[容器]]を指す梵語Patra(パートラ)の音訳である'''鉢多羅'''(はったら=[[応量器]])で、この托鉢僧が用いた容器が一般化して'''鉢'''になったと言われる<ref name="kyo"/>。鉢のような容器は、[[縄文土器]]や[[弥生土器]]にも見られる。神前の供器としても利用されてきた
鉢のような容器は、[[縄文土器]]や[[弥生土器]]にも見られる。神前の供器としても利用されてきた。
 
== 種類 ==
[[形状]]や[[用途]]によって分けられる。
* 形状による分類
** [[平鉢]]
** [[深鉢]]
** [[小鉢]]
* 用途による分類
** [[植木鉢]]
** [[火鉢]]
** [[菓子鉢]]
** [[金魚鉢]]
** [[すり鉢]]
== 派生用法 ==
*形状が似ているため、[[頭蓋骨]]のことを鉢ともいう。日本の[[兜]]における[[兜#鉢(はち)|頭頂部を覆う部分]]のことも同様にそう呼ばれ、[[旧日本軍]]や[[自衛隊]]においても[[戦闘用ヘルメット]]のことを「[[鉄鉢]](てっぱち)」という俗称で呼んでいる。
*[[処女]]の[[女陰]]の異名を鉢または新鉢(あらばち)と言うことがある(新鉢は処女そのものを指すこともある)
 
== 関連項目 ==
匿名利用者