「バラード入り江」の版間の差分

 
[[Image:Burrard Inlet and the Second Narrows.JPG|thumb|300px|right|バラード入り江(奥に見えるつり橋がライオンズゲートブリッジ)]]
'''バラード入り江'''(バラード・インレット、Burrard Inlet)は、[[カナダ]]の[[ブリティッシュコロンビア州]]南西部にある岸辺から水底にかけてなだらかで比較的浅い[[フィヨルド]]である。[[最終氷期]]の頃に形成され、バラード半島([[バンクーバー (ブリティッシュコロンビア州)|バンクーバー]]や[[バーナビー]])と[[ウェストバンクーバー]]や[[ノースバンクーバー]]がある北岸地域とを二分している。
 
入り江周辺には数千年の昔より、スカーミッシュなどの[[先住民族]]が住んでいる。この地域に[[スペイン]]の探検隊が初めて足を踏み入れたのが[[1792年]][[6月19日]]のことであり、探検隊の隊長アルカラ・ガリアーノによって「Canal de Floridablanca」と名づけられた。その後、[[イギリス]][[海軍]]所属の探検家[[ジョージ・バンクーバー]]によって、彼の友人であったハリー・バラード卿の名にちなんでバラード入り江と名づけられた。
 
== 地理 ==
== バンクーバー港 ==
 
バラード入り江はバラード半島の先端の[[スタンレーパーク]]が外洋の波を受け止めるため、内部は波が非常に低く穏やかであるため港として非常に重宝されている。沿岸部には、一部に[[住宅街]]や商業街がある他は、船の積荷を運ぶための[[鉄道]]ステーション、[[コンテナターミナル]]、穀物倉庫、[[石油精製]]施設(入り江の東部)などの港湾施設が林立している。[[貨物船]]は、入港待機時には半島によって分け隔てられた外洋側のイングリッシュ・ベイに停泊する。入り江の港近辺で昔から変わらず緑が生い茂っている場所は[[スタンレーパーク]]などごく一部であり、かなりの地域が開発されているが、インディアン・アームは都市部に隣接していながら、上述のように沿岸部が非常に急峻であるためほとんど開発されていない(周辺にハイキングトレイルがある程度である)
 
== 関連項目 ==