「カーネル」の版間の差分

→‎性能: 「L4」から「L4マイクロカーネルファミリー」への改名に伴う変更
m
(→‎性能: 「L4」から「L4マイクロカーネルファミリー」への改名に伴う変更)
一方でモノリシックカーネルの設計の基盤となっている[[リングプロテクション|階層型プロテクション]]<ref name="Levy84privilegedmode"/>でも、プロテクションの階層間でのやりとりには値(メッセージ)のコピーが必要であり、そのやりとりが増えるほど性能が低下することがわかっていた<ref name="Hansen73SupervisorMode">{{Harvnb|Hansen|1973|loc=section 7.3 p.233}} "''interactions between different levels of protection require transmission of messages by value''"</ref>。
 
近年、[[L4マイクロカーネルファミリー|L4]]<ref name="l4">[http://os.inf.tu-dresden.de/L4/overview.html The L4 microkernel family – Overview]</ref>や{{仮リンク|K42|en|K42}}といった新世代のマイクロカーネルが登場し、上述の性能問題をある程度解決している{{要出典|date=2012年9月}}。
 
=== ハイブリッドカーネル ===
83

回編集