「フィスト・ドロップ」の版間の差分

編集の要約なし
 
== 概要 ==
仰向けに倒れている相手の頭部、顔面、喉元などへ、前方または横方向に倒れ込みながら('''倒れ込み式''')、または座り込みながら('''座り込み式''')拳を打ち付ける技である。コーナー最上段もしくはセカンドロープやトップロープ上からジャンプして投下する場合('''ダイビング式''')もある。この場合、倒れみ式と座り込み式双方のタイプがある。
 
繋ぎ技として使われることが多いが、選手によっては必殺技として使用している者もいる。
* [[渕正信]] - 座り込むようにして決めるタイプを使用。他に'''ダイビング式'''をフィニッシュ級の技として得意とする。
* [[大森隆男]] - その場で大きくジャンプしてから倒れこみ式で決める。
* [[ジェリー・ローラー]] - カブキ同様、セカンドロープからの一撃が彼の最大の必殺技である。
* [[トミー・リッチ]]
* [[ロード・ウォリアー・ホーク|ホーク・ウォリアー]]