メインメニューを開く

差分

== 来歴・人物 ==
===映画界へ===
[[1917年]](大正6年)[[2月5日]]、[[大阪府]][[大阪市]][[南区 (大阪市)|南区]]千年町(現在の[[中央区 (大阪市)|中央区東心斎橋]])に生まれる。父の[[山田九州男]]{{Refnest|group="注釈"|[[1879年]](明治12年)[[5月1日]]、[[熊本市]]二本木の遊郭の生まれ。[[成美団]]を結成した[[高田実]]の弟子となり、[[1898年]](明治31年)に山田不二男の芸名で[[博多]]で初舞台を踏み、[[1900年]](明治33年)に高田の門に入って山田九洲男と改名。以後、新派の[[女形]]として活躍した<ref name="キネ旬" />。[[1948年]](昭和23年)、巡業先の[[明石]]で[[消化性潰瘍|十二指腸潰瘍]]のため死去<ref>[[大笹吉雄]]『日本現代演劇史 昭和戦後篇I』、[[白水社]]、1998年、p.451</ref>}}は[[新派]][[俳優]]で、母の律は[[北新地]]の売れっ子[[芸者]]だった<ref name="経済新聞" /><ref name="キネ旬">[[#キネマ旬報1980|キネマ旬報1980]]、p.722</ref>。山田はその母の命で、[[数え年]]で6歳の時から[[常磐津節|常磐津]]、[[長唄]]、[[清元節|清元]]、[[日本舞踊]]の稽古を始めた<ref name="ノート">[http://www.kinenote.com/main/public/cinema/person.aspx?person_id=89165&key_search=%E5%B1%B1%E7%94%B0%E4%BA%94%E5%8D%81%E9%88%B4 山田五十鈴]、[[キネマ旬報映画データベース|KINENOTE]]、2015年6月4日閲覧</ref>。
 
[[1924年]](大正13年)、関西に出稽古に来ていた[[清元寿兵衛|三世清元梅吉]]について本格的に清元を習い始める<ref name="キネ旬" />。[[1925年]](大正14年)、父が[[成美団]]に参加するため一家で上京して[[日本橋浜町]]の旅館に住み、[[中央区立久松小学校|久松小学校]]に入学するが、人気の落ち込んでいた父が仲間を集めて[[満州]]へ巡業に行ってしまい、旅館住まいが困難になったため、[[本郷区]]金助町の駄菓子屋の裏店に移住する<ref name="キネ旬" /><ref>[[#升本2003|升本2003]]、p.141</ref>。その後、[[永田町]]に2階借りし、母と共に清元梅吉の内弟子となった。[[1927年]](昭和2年)、師匠から清元梅美智の名を貰い、母娘揃って[[名取]]となる。後、母と[[宝塚]]に移り住み、清元の師匠をやって生計を立てた<ref>[[#升本2003|升本2003]]、p.142</ref>。