「経 (仏教)」の版間の差分

編集の要約なし
== チベット語訳経典 ==
{{main|チベット大蔵経}}
チベットにおける個別の仏典翻訳は、[[7世紀]]'''[[ソンツェン・ガンポ|ソンツェンガンポ]]'''の命令で、経典のチベット語訳は、トンミ・サンボータ([[:bo:སློབ་དཔོན་ཐུ་མི་སམ་བྷོ་ཊ། |チベット語版]] [[:en:Thonmi Sambhota|英語版]])によって始められたが、8世紀末、仏教が国教となるのにともない、仏典翻訳は王国の国家事業となり、隣国インドより網羅的、体系的に仏典を収集し、翻訳する作業が開始され、数十年の短期間で一挙に完遂された。サンスクリット語の原典を正確に翻訳するための[[チベット語]]文法と語彙の整備が行われ ([[:en:Mahāvyutpatti|Mahāvyutpatti]])、シャン=イェシェデ、カワ=ペルツェク、チョクロ=ルイゲンツェンらが作業に従事、[[824年]]、一応の完成をみた ({{lang|en|dkar-chag ldan-dkar-ma}}<ref>Yoshimura, Shyuki 芳村修基 (1950). The Denkar-ma: An Oldest Catalogue of the Tibetan Buddhist Canons. Kyoto: Ryukoku University.</ref><ref>川越英真『パンタン目録』(Karchag Phangthangma [[:en:Karchag Phangthangma|英文]])の研究 A Study of dKar chag 'Phang thang ma.、日本西蔵学会会報、51: 115 – 131.</ref><ref>Kawagoe Eishin 川越英真 (2005b). Dkar chag ʼPhang thang ma. Sendai: 東北インド・チベット研究会Tōhoku Indo-Chibetto Kenkyūkai.</ref>)。
 
チベット仏教における経典の分類は、他の仏教圏とも共通する「経・律・論」の三部分類よりも、「仏説部(カンギュル)」、「論疏部(テンギュル)」の2分類が重視される。カンギュルとは釈尊のことばそのものである「カー」をチベット語に「ギュル」(翻訳)したもの、テンギュルとは、竜樹らインドの仏教学者たちが「カー」に対してほどこした注釈である「テン」をチベット語に「ギュル」したもの、の意味である。
匿名利用者