「ジャンヌ・ダルク列聖」の版間の差分

1911年には、エドモンド・リッチャーの初期のジャンヌ・ダルク時代の歴史である1625年から1630年にかけて書かれたオルレアンの乙女の物語は、1911年にアンリとジュール・デスクレエによって2巻で出版された<ref>[http://www.prdl.org/author_view.php?s=10&limit=10&a_id=872&sort= "Edmond Richer (1560-1631)"] ''[[Post-Reformation Digital Library]]''. Retrieved 15 September 2017</ref>。
 
第一次世界大戦中、フランス軍はジャンヌの肖像画を戦場に持ち込んだ。ある戦闘中に、彼らは低雲に投射されたドイツ軍のサーチライトの形をジョアの出現と解釈し、彼らの士気を大幅に強化した<ref>The Maid of Orléans:The Story of Joan of Arc Told to American Soldiers by Charles Saroléa, Georges Crès & Cie (1918)</ref>。
 
ジャンヌの列聖式は1920年5月16日に行われ、ジャンヌの家族の子孫140人を含む60,000人以上が出席した。