メインメニューを開く

差分

'''{{by|2017年}}'''、イースタン・リーグ公式戦には109試合に出場。打率.234ながら、18本塁打、66打点という好成績で、リーグ[[本塁打王]]・[[打点王]]のタイトルを獲得した。レギュラーシーズンの終盤に一軍へ昇格すると、代打やスタメンで公式戦6試合に起用されたが、シーズン初打席から20打席目までは無安打(9三振)と不振。一軍のレギュラーシーズン最終戦であった[[10月10日]]の対ロッテ戦([[楽天koboスタジアム宮城|koboパーク宮城]])で、[[ゼローズ・ウィーラー|ゼラス・ウィーラー]]に代わって途中から三塁の守備に就くと、後に臨んだ打席で一軍公式戦唯一の安打を放った。
 
'''{{by|2018年}}'''、主に[[一塁手]]として[[オープン戦]]16試合に出場すると、[[NPB]]全12球団の[[規定打席]]到達者で単独1位の打率.386と、チームトップの4本塁打をマーク。このような好成績を背景に、プロ入り後初めての開幕一軍入りを果たした<ref>{{cite news | title = オープン戦戦首位打者、楽天・内田 初の開幕一軍決定 梨田監督「そだねー」 | publisher = スポーツニッポン | date = 2018-03-29 | url = https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2018/03/28/kiji/20180327s00001173327000c.html | accessdate = 2018-03-30}}</ref>。[[3月30日]]には、[[千葉ロッテマリーンズ]]とのレギュラーシーズン開幕戦([[ZOZOマリンスタジアム]])で、「6番・一塁手」としてスタメンに起用。以降も一軍公式戦2試合に出場したが、打撃フォームを崩した影響で通算9打数無安打と振るわず、[[4月5日]]付で出場選手登録を抹消された<ref>{{cite news | title = 楽天内田スタメンから降格で分析「前かがみ」の意味 | publisher = 日刊スポーツ | date = 2018-04-15 | url = https://www.nikkansports.com/baseball/column/bankisha/news/201804150000892.html| accessdate = 2018-04-21}}</ref>。[[5月5日]]付で再び登録される<ref>{{cite news | title = 【楽天】内田が一軍合流 梨田監督「代打が薄いところがある」 | publisher = スポーツ報知 | date = 2018-05-05 | url = http://www.hochi.co.jp/baseball/npb/20180505-OHT1T50051.html| accessdate = 2018-05-18}}</ref>と、一軍公式戦でのシーズン18打席目に当たる[[5月13日|13日]]の対オリックス戦([[宮城球場|楽天生命パ京セラドク宮城ム大阪]])8回裏第4打席で、シーズン初安打を一軍公式戦2年振りの本塁打で記録した<ref>{{cite news | title = 楽天・内田、今季初安打が本塁打「本当にほっとした」 | publisher = サンケイスポーツ | date = 2018-05-13 | url = http://www.sanspo.com/baseball/news/20180513/gol18051319230006-n1.html| accessdate = 2018-05-18}}</ref>。
 
== 詳細情報 ==