「トヨタ・サクシード」の版間の差分

(→‎初代(XP5#/XP16#型・2002年 - ): 2014年8月時点でワゴンは既に存在しない。)
* [[2010年]][[6月1日]] - 一部改良。バンのガソリン・2WD・4AT車でオルタネーターの制御等の改良を行い、燃費を向上し、「平成22年度燃費基準+15%」を達成。さらに、ガソリン車全車でイリジウムプラグの標準採用、エンジンのECUを変更し、空燃比センサーを追加。排出ガスの低減を行ったことで「平成17年基準排出ガス75%低減レベル(☆☆☆☆)」認定を取得。ボディカラーは新色のシルバーマイカメタリック、ベージュメタリックの2色を含む5色に整理された。なお、ワゴンの特別仕様車「TX Gパッケージ・リミテッド」はベース車の改良を行うとともに、14インチアルミホイールを追加装備。ボディカラーには専用色のマルーンブラウンマイカを追加の上、販売を継続。
* [[2012年]][[4月26日]] - 一部改良。ワゴンにおいて、リア中央席に3点式シートベルトとヘッドレストを標準装備(「TX」は3点式シートベルトのみ標準装備で、ヘッドレストはオプション設定)。ワイヤレスドアロックリモートコントロール装着車の助手席キーシリンダーを廃止。全車で助手席シートベルト非着用警告灯およびリマインダーを廃止し、メーター内にシートベルトインフォメーション表示灯(いずれかのドアを開くと約10秒間点滅し、シートベルトの着用を促すもの。ブザーなし)を採用。なお、ワゴンの特別仕様車「TX Gパッケージ・リミテッド」はベース車に準じた一部改良を受け、販売を継続。
* [[2013年]][[10月11日]] - ワゴンモデルの販売を終了した。これに伴いホームページの掲載も終了。これによりトヨタ店、およびトヨペット店から小型ステーションワゴンが消滅するかたちとなった。ただしバンモデルはこれまで通り継続販売する。
* [[2014年]][[8月6日]] - マイナーチェンジ(9月1日販売開始)<ref>[http://newsroom.toyota.co.jp/jp/detail/3737378 TOYOTA、プロボックスならびにサクシードをマイナーチェンジ] - トヨタ自動車 ニュースリリース 2014年8月6日</ref>。型式が2WD車が'''NCP160V'''、4WD車が'''NCP165V'''となる。
:トランスミッションをSuper CVT-iにすることで燃費を向上し、2WD車は「平成27年度燃費基準+10%」、4WD車も「平成27年度燃費基準」をそれぞれ達成した。安全面では歩行者障害軽減ボディ構造を採用するとともに、VSC&TRC、ヒルスタートアシストコントロール、緊急ブレーキシグナルを全車に標準装備し、フロントディスクブレーキを大径化(13インチ→14インチ)したことで制動力を高めた。
22,898

回編集