「翻訳後修飾」の版間の差分

日本語の修正
(日本語の修正)
'''翻訳後修飾'''(ほんやくごしゅうしょく、Post-translational modification、PTM)は、[[翻訳 (生物学)|翻訳]]後の[[タンパク質]]の[[化学]]的な修飾である。これは多くのタンパク質の生合成の後方のステップの1つである。
 
タンパク質(または[[ポリペプチド]])は[[アミノ酸]]の鎖である。タンパク質の生合成では、20種のアミノ酸はタンパク質に組み入れられる。翻訳後、アミノ酸の翻訳後修飾は、[[酢酸]]、[[リン酸]]、様々な[[脂質]]、[[炭水化物]]のような他の[[生化学]][[官能基]]と結合し、アミノ酸化学的特性の変換(例えば[[シトルリン]])の化学的特性の変換、または[[ジスルフィド結合]]の形成のような構造変換などを受け、タンパク質の反応の幅を広げる。
 
また、[[酵素]]がタンパク質の[[N末端]]からアミノ酸を輸送するか、中央から[[ペプチド結合]]を切断することもある。例えば、[[ペプチドホルモン]]である[[インスリン]]はジスルフィド結合が形成された後に2つに切断され、C-ペプチド(右図の桃色のポリペプチド鎖部分)は結合から切り離される。(最終的にジスルフィド結合で2つのポリペプチド鎖が結合したタンパク質が生じる。)
匿名利用者