「パイナップルボーイズ」の版間の差分

=== デビュー前 ===
* 1979年、キーボード冨澤が結成したバンド『WINNER』が前身。都内の実力派バンドから巧いプレイヤーをピックアップして結成した彼らの演奏力は高かった。結成当初からオリジナル楽曲のみで活動しており、[[アレンジ]]は[[TOTO (バンド)|TOTO]]の影響を強く受けていた。『WINNER』初期メンバーのギタリスト・金子文男は、その後『ZEUS』のギターとして[[浜田麻里]]のバックで活動している。
* 1980年、ベースの恩田が加入。[[ヤマハポピュラーソングコンテスト]]東京都大会で演奏賞を受賞。直前にボーカリストが脱退し、急遽 冨澤が唄った。後にメンバーとなるギターの浜本は、『WINNER』のチーフローディーを務めていた。
* 1981年、音楽プロデューサー・上野義美がKIDSを立ち上げ、タイアップ先となる楽器メーカー『[[グヤトーン]]([[東京サウンド]])』とパイプのあったベースの恩田経由で参加のオファーがある。
 
208

回編集