「高松城 (備中国)」の版間の差分

→‎概要: 軍師という職業など存在しない
m
(→‎概要: 軍師という職業など存在しない)
タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集
築城時期ははっきりしないが、[[松山城 (備中国)|松山城]]主・[[三村氏]]の命により、備中守護代で三村氏の有力家臣でもあった[[石川氏]]が築いた城である。[[天正]]3年([[1575年]])の[[備中兵乱]]で石川氏が主家三村氏とともに[[毛利氏]]に滅ぼされた後は、[[清水宗治]]が城主となった。清水宗治は備中兵乱の際、石川氏の娘婿・重臣でありながら主家を離れて毛利氏に加担したが、清水宗治が城主となった経緯は不詳である。石川氏滅亡以前より宗治が城主であったともいわれる。
 
天正10年([[1582年]])、[[織田信長]]の家臣・羽柴秀吉は[[中国攻め]]の先鋒を任され、4月、高松城攻め(備中高松城の戦い)にかかった。高松城の周囲は沼地に囲まれ難攻不落とされていたため、[[攻城戦]]は持久戦となった。[[5月8日 (旧暦)|5月8日]]([[5月29日]])に入り軍師・[[黒田孝高]]の献策により城を[[ダム|堰堤]]で囲むという、攻城というよりむしろ土木工事といえるものが開始された。これにより低湿地にあった高松城を水没させるというものである。世に言う「高松城水攻め」である。人夫に過分な金子を与え突貫工事で11日後に[[堤防]]が完成。折しも[[梅雨]]時で堰堤内には水が溢れ、城は水没した。
 
ここに信長を招く準備をしていたが、[[6月2日 (旧暦)|6月2日]]([[6月21日]])、[[本能寺の変]]が起こり計画は頓挫した。翌日、光秀の毛利軍への密使を秀吉軍が拘束。密書で信長の死を知った秀吉軍は毛利軍に知られぬよう密使を暗殺してこれを秘匿し毛利方の外交官・[[安国寺恵瓊]]を仲介役に和議を成立させた。城兵の命と引き替えに[[6月4日 (旧暦)|4日]]([[6月23日|23日]])、宗治は切腹。秀吉は主君の仇敵・[[明智光秀]]と対決すべく「[[中国大返し|中国の大返し]]」を行い、強行軍で[[近畿]]に引き返した
匿名利用者