「川内優輝」の版間の差分

実弟二人は世界大会出場の実績なく殆ど無名、ウィキペディアに記述不必要
(実弟二人は世界大会出場の実績なく殆ど無名、ウィキペディアに記述不必要)
{{MedalBronze|[[2014年アジア競技大会|2014年 仁川]]|[[マラソン]]}}
}}
'''川内 優輝'''(かわうち ゆうき、[[1987年]][[3月5日]] - )は、[[埼玉県]]の[[地方公務員]]、[[陸上競技]]選手。専門競技は、主に[[中距離走]]・[[長距離走]]・[[マラソン]]等。以前は埼玉陸上競技協会に所属していたが、後に埼玉県庁走友会が陸協登録をし、[[2018年]]現在は[[埼玉県庁]]として所属(但し2018年度末をもって辞任予定<ref name="pro">[https://www.nikkei.com/article/DGXMZO29576420Z10C18A4000000/ 公務員ランナー川内がプロ転向宣言 18年度末退職(日本経済新聞)]</ref>)。[[公務員]]かつ非[[実業団]]の「'''市民ランナー'''」としての活躍が注目を集める。ウルトラランナーの[[川内鮮輝]]、プロランナーで[[久喜市]]議会議員の[[川内鴻輝]]の実兄
 
男子マラソン種目の主な実績に、[[2017年]][[2017年世界陸上競技選手権大会|世界陸上ロンドン大会]]9位、[[2011年]][[2011年世界陸上競技選手権大会|世界陸上大邱大会]]17位<ref name="tegu">当初、川内の同大会男子マラソンは18着でゴールだったが、後年のドーピング再検査で4着だった[[モロッコ]]代表選手が違反・失格判定とされ、川内は17位に繰り上がった。</ref>、[[2013年]][[2013年世界陸上競技選手権大会|世界陸上モスクワ大会]]18位、[[2014年]][[2014年アジア競技大会|仁川アジア競技大会]][[銅メダル|銅メダリスト]]、2013年[[別府大分毎日マラソン]]優勝、2018年[[ボストンマラソン]]優勝<ref>{{cite web|url=http://www.sankei.com/sports/news/180417/spo1804170006-n1.html |title=【ボストンマラソン】川内優輝が初優勝 日本勢では瀬古以来3131年ぶり |publisher=産経新聞 |date=2018-04-17 |accessdate=2018-04-17 }}</ref>など。
 
== 来歴 ==
匿名利用者