「睡眠不足」の版間の差分

(誤入力?)
研究においては、睡眠不足は[[うつ病]]の治療の可能性を秘めている<ref name="Sleep and depression review"/>。
うつ病患者は、[[レム睡眠]]が発生する前に急速眼球運動が起こっている傾向があるため、レム睡眠発生中に脳波をモニタリングし、その最中に起床させることで、抑うつ効果を緩和する治療効果があるようであった<ref>{{Cite book|title=Physiology of Behavior|last=Carlson|first=Neil|publisher=Pearson|year=2013|isbn=9780205239399|location=Boston|pages=578–579|edition=11th}}</ref>。断眠療法をすることで、患者の60%においては即座に回復したが、ほとんどの場合は翌日に再発している。この効果は
[[脳由来神経栄養因子]](BNDF)の増加と関連してる<ref>{{Cite journal | author=Gorgulu Y, Caliyurt O | title=Rapid antidepressant effects of sleep deprivation therapy correlates with serum BDNF changes in major depression | journal=Brain Res. Bull. | volume=80 | issue=3 | pages=158–62 |date=Sep 2009 | doi=10.1016/j.brainresbull.2009.06.016 | pmid=19576267 | last2=Caliyurt }}</ref>。これはクロノタイプが、人々の睡眠不足の気分への影響と関係しているとされており、すなわち、睡眠不足により朝を好む人はよりうつ病になり、一方、夜が好みの者は気分の改善を示す<ref>{{cite journal |last=Selvi |first=Yavuz |author2=Mustafa Gulec |author3=Mehmet Yucel Agargun |author4=Lutfullah Besiroglu |year=2007 |title=Mood changes after sleep deprivation in morningness–eveningness chronotypes in healthy individuals |journal=Journal of Sleep Research |volume=16 |issue=3 |pages=241–4 |doi=10.1111/j.1365-2869.2007.00596.x |pmid=17716271 |url=http://dl.dropboxusercontent.com/u/85192141/2006-selvi.pdf |deadurl=no |archiveurl=https://web.archive.org/web/20141215025258/https://dl.dropboxusercontent.com/u/85192141/2006-selvi.pdf |archivedate=15 December 2014 |df=dmy-all }}</ref>。2014年のヒトへの代謝総合評価によれば、断眠療法によって、27個の代謝産物は起床後24時間後に増加し、さらにセロトニン、トリプトファン、タウリンらは抗うつ効果に寄与されうることが見いされた<ref>{{Cite journal|url=|title=Effect of sleep deprivation on the human metabolome|date=Jul 22, 2014|journal=Proc Natl Acad Sci USA|doi=10.1073/pnas.1402663111|pmid=25002497|pmc=4115565|volume=111 |issue=29|pages=10761–6|author1=Davies|first1=S. K.|last2=Ang|first2=J. E.|last3=Revell|first3=V. L.|last4=Holmes|first4=B|last5=Mann|first5=A|last6=Robertson|first6=F. P.|last7=Cui|first7=N|last8=Middleton|first8=B|last9=Ackermann|first9=K|last10=Kayser|first10=M|last11=Thumser|first11=A. E.|last12=Raynaud|first12=F. I.|last13=Skene|first13=D. J.|bibcode=2014PNAS..11110761D}}</ref>
 
再発率は、断眠療法と投薬を組み合わせることによって減少させることができる<ref name="Ncbi">{{cite journal |author=Wirz-Justice A, Van den Hoofdakker RH |title=Sleep deprivation in depression: what do we know, where do we go? |journal=Biol. Psychiatry |volume=46 |issue=4 |pages=445–53 |date=August 1999 |pmid=10459393 |doi= 10.1016/S0006-3223(99)00125-0|last2=Van Den Hoofdakker }}</ref>。多くの[[三環系抗うつ薬]]は、レム睡眠を抑制するため、気分と睡眠との関連しうる証拠がある<ref name="SleepDepEmedicinehealth">[http://www.emedicinehealth.com/articles/42677-5.asp Disorders That Disrupt Sleep (Parasomnias)] {{webarchive|url=https://web.archive.org/web/20051222202250/http://www.emedicinehealth.com/articles/42677-5.asp |date=22 December 2005 }}. eMedicineHealth</ref>。同様に[[トラニルシプロミン]]は、十分な用量でレム睡眠を抑制することが強く示されている。
 
=== 不眠 ===
米国睡眠財団は、カレッジとユニバーシティの学生らは毎晩の睡眠は平均6時間以下であるという1996年の論文を取り上げている<ref>{{Cite web|url=https://sleepfoundation.org/sites/default/files/Drowsy%20Driving-Key%20Messages%20and%20Talking%20Points.pdf|title=National Sleep Foundation Key Messages/Talking Points|access-date=April 18, 2016|deadurl=no|archiveurl=https://web.archive.org/web/20160418142432/https://sleepfoundation.org/sites/default/files/Drowsy%20Driving-Key%20Messages%20and%20Talking%20Points.pdf|archivedate=18 April 2016|accessdate=2016-04-18}}</ref>。この研究では、70.6%の学生は8時間未満しか睡眠を得ておらず、27%の学生については少なくとも1回の睡眠障害のリスクがあると報告している<ref>{{cite journal |journal=Nature and Science of Sleep |author1=Shelley D Hershner |author2=Ronald D Chervin |title=Causes and consequences of sleepiness among college students |date=June 23, 2014 |volume=6 |pages=73–84 |pmc=4075951 |doi=10.2147/NSS.S62907|pmid=25018659 }}</ref>。睡眠不足は、大学生のストレスや社会活動に適応が求められる、初年度の大学生に共通している。
 
台湾[[国立中正大学]]の心理学科が実施した調査では、新入生はその週に最低限の睡眠しか取っていなかったことを結論付けられている<ref name="Sleep patterns in college students; Gender and grade differences">{{cite journal |author=Tsai LL, Li SP |title=Sleep patterns in college students; Gender and grade differences |journal=J. Psychosom. Res. |volume=56 |issue=2 |pages=231–7 |year=2004 |doi=10.1016/S0022-3999(03)00507-5 |url=http://www.websciences.org/cftemplate/NAPS/archives/indiv.cfm?ID=20041266 |pmid=15016583 |last2=Li |deadurl=no |archiveurl=https://web.archive.org/web/20081220062545/http://www.websciences.org/cftemplate/NAPS/archives/indiv.cfm?ID=20041266 |archivedate=20 December 2008 |df=dmy-all }}</ref>。
 
1997年の[[ミネソタ大学]]の研究では、午前7時15分に登校した学生と午前8時40分に登校した学生を比較した。それによれば8時40分に登校した学生は、より早く登校した<u>で始まった</u>学生よりも成績がよく、また平日の夜により長く眠っていることが分かった<ref name="SleepDepReport"/>。米国の高校生の4人に1人は、最低でも週に1回は授業中に眠っていると認めている<ref name="SleepDepAbcNews">{{cite news |publisher=ABC News |title=Sleep-deprived teens dozing off at school |date=28 March 2006 |author=Randolph E. Schmid |agency=Associated Press |url=http://abcnews.go.com/US/wireStory?id=1775003 |archiveurl=https://web.archive.org/web/20061208094359/http://abcnews.go.com/US/wireStory?id=1775003 |archivedate=8 December 2006 |deadurl=yes }}</ref>。
 
人間の思春期には典型的に、[[概日リズム]]と、それに従って睡眠パターンが著しく変化することが知られている。脳波研究によれば思春期では、ノンレム睡眠における深い睡眠(ステージ4)の50%減少と、デルタ波のピーク振幅の75%減少が示された。学校のスケジュールは、しばしば、睡眠ステージの対応する遅れと相容れないため、大多数の青年にとって最適な睡眠よりも少ない睡眠を引き起こす<ref>{{cite journal |author=Giedd JN |title=Linking adolescent sleep, brain maturation, and behavior |journal=[[Journal of Adolescent Health]] |volume=45 |issue=4 |date=October 2009 |pages=319–320 |pmid=19766933 |pmc=3018343 |doi=10.1016/j.jadohealth.2009.07.007 }}</ref>。
匿名利用者