「調号」の版間の差分

編集の要約なし
m (文法を修正, リンクを追加)
伝統的な西洋音楽においては、調号は[[嬰記号|♯]]または[[変記号|♭]]のどちらかをもっぱら使うか全く使わないかであり、♯と♭を混用することはない。
 
調号としての♯または♭の個数は、一般に7個までである。♯の調号はヘハトニイホロの順に、♭の調号はロホイニトハヘの順に書くが、これはそれぞれの使用頻度の順である。(また、[[音部記号]]によって、それぞれの記号を五線のどこに書くかが決まっており、ト音記号(ヴァイオリン記号)の最初の♯は、[[五線譜|第1間]]には置かず、'''[[五線譜|第5線]]に'''置く。ただし、古い時代の譜面では、下第1間から上第1間に収まる範囲で、該当する全ての音に調号を付ける記譜法も見られる。例えば、ト音記号でのニ長調なら第1間、第3間と第5線の3箇所に♯を付けるというものである)
 
これにより、調号は、[[全音階]]を規定する。一方、[[調]]によって使用する全音階は決まっているから、調によって調号は決まる。たとえば、ニ長調の調号(調子記号)はヘとハについて♯(Sharp)である、などである。