「奥田敏輝」の版間の差分

編集の要約なし
m (Bot: WP:BOTREQ#Infobox内の空のnowikiタグの除去: Infobox baseball, <nowiki></nowiki> → Removed)
 
== 来歴・人物 ==
[[大阪府立桜塚高等学校]]時代は2年秋からエース主将となり、3る。[[1966夏の]][[全国高等学校野球選手権大阪大会|夏の甲子園府予選]]では6試合完封58.1イニング連続無失点を記録し、大阪大会決勝進んだ(決勝0-4で[[関西大阪学院大学北陽高等学校|北陽大阪学院大]]に敗れる)<ref name=jinmei />。[[1966年度新人選手選択会議 (日本プロ野球)|1966年の一次ドラフト江夏豊]]5位と投げ合い1-0[[阪神タイガース]]に入団<ref name=jinmei />完封勝ち[[スリークォーター]]めダマの勝は[[シンカー・スクリューボール関西大学北陽高等学校|シンカー北陽高]]の橋本和行、[[カーブ (球種)|カーブ園田喜則]]を使うピッチングが持味。{{by|1969年}}の継投の前は2軍0-415勝を挙げ完封負け最多勝甲子園出場獲得するが、一軍では結果を残せず、{{by|1972年}}をもって退団<ref name=jinmei />。北陽高には[[サラリーマン中堅手]]生活を経て、[[水道長崎慶一]]関連の会社を興す<ref name=jinmei />もいた
 
[[1966年度新人選手選択会議 (日本プロ野球)|1966年の一次ドラフト]]5位で[[阪神タイガース]]に入団<ref name=jinmei />。{{by|1968年}}から一軍で起用され、中継ぎで7試合に登板する。{{by|1969年}}には[[ウエスタン・リーグ]]で15勝を挙げ、最多勝を獲得。しかし一軍では結果を残せず、{{by|1972年}}をもって退団した<ref name=jinmei />。[[スリークォーター]]から決めダマの[[シンカー・スクリューボール|シンカー]]と[[カーブ (球種)|カーブ]]を使うピッチングが持味であった。
桜塚高校時代の[[1966年]]夏に[[全国高等学校野球選手権大会]]大阪府予選の準決勝を投げ合った[[大阪学院大学高等学校|大阪学院大学高校]]の[[江夏豊]]とは友人関係で、[[1996年]]には、その準決勝の30周年記念として桜塚高校対大阪学院大学高校の再対決を実現させた<ref name=jinmei />。
 
引退後は[[サラリーマン]]生活を経て、[[水道]]関連の会社を興す<ref name=jinmei />。
 
江夏豊とは阪神でも同期入団となり、友人関係が続く。[[1996年]]には、前述の甲子園府予選準決勝の30周年記念として、桜塚高校対大阪学院大学高校の再対決を実現させた<ref name=jinmei />。
 
==詳細情報==