「マツダ・トリビュート」の版間の差分

m
編集の要約なし
m
'''トリビュート'''(''TributeTRIBUTE'')は、[[マツダ]]が[[2000年]]から[[2011年]]にかけて生産していた[[SUV]]型の[[普通自動車]]である。日本国内では[[スズキ・エスクード]]のOEMだった[[マツダ・プロシードレバンテ|プロシードレバンテ]]に代わる車種として、[[2000年]]から[[2006年]]まで販売が行われた。
 
== 歴代モデル ==
=== 初代(2000年(2000-2006年) ===
{{Infobox_自動車のスペック表
| 車種= 普通自動車
| 3枚目画像の説明= アジア太平洋仕様(2006年 - )
| 3枚目画像名= 2006 Mazda Tribute (MY06) Luxury V6 wagon (2007-11-16).jpg
| 製造国= {{JPN}}<br />{{USA}}
| 販売期間= 2000-2006年
| 設計統括=
| デザイン=
| プラットフォーム=フォード・CD2 (U204)プラットフォーム
}}
 
[[2000年]]11月、発売を開始。当時の親会社の[[フォード・モーター]]と共同開発した小型クロスオーバーSUVで、フォードからも[[姉妹車]]として[[フォード・エスケープ]]が[[2001年]]に発売されている。[[プラットフォーム (自動車)|プラットフォーム]]は[[モノコック]]であるが、セダンからの流用ではなく、トリビュートとエスケープのために[[マツダ・Gプラットフォーム#GF|GFプラットフォーム]]をベースに新規開発されたフォード・CD2 (U204)プラットフォームと呼ばれるものであり、フォード本社のサイトではクロスオーバーではなくSUVにジャンル分けしていたが厳密にはクロスオーバーSUVである。両車の外観は非常に似通っているが、外板は全くの別物である。エンジンは当初フォード製[[直列4気筒]]2,000ccとフォード製[[V型6気筒]]3,000ccの2種類を用意。直4は[[2003年]]にマツダ製2,300ccに切り替えられた。
 
その後、オーストラリア市場では2007年からCX-7が投入されており、トリビュートの販売は2008年に終了したが、市場によっては2010年の前半まで販売されたところもある。
 
{{-}}
 
=== 2代目(北米仕様車、2007年-2011年) ===
{{Infobox_自動車のスペック表
| 車種= 普通自動車
| 車名= 2代目トリビュート
| 車名補= <!--車名註釈用-->
| 1枚目画像の説明= フロント
| 1枚目画像名= 08-Mazda-Tribute.jpg
| 2枚目画像の説明=
| 3枚目画像名=
| 製造国= {{USA}}
| 販売期間= 2007-2011年
| 設計統括=
| デザイン=
| 駆動方式= [[前輪駆動|FF]]<br>[[4輪駆動|4WD]]
| サスペンション=
| 全長= 4,442 mm440mm
| 全幅= 1,806 mm805mm
| 全高= 1,783 mm785mm
| ホイールベース= 2,620mm
| 車両重量=
| 最大積載量=
 
日本、オーストラリアなどを除くアジア太平洋地域では引き続き初代モデルのフェイスリフト版が販売されていたが、この2代目が販売されていた市場では2012年にCX-5が登場するまで販売が継続された市場もある。
 
{{-}}
 
== 車名 ==
「TRIBUTE」は、英語で「賛辞、贈り物」を意味する。
 
== 関連項目 ==
774

回編集