「クラッチ」の版間の差分

編集の要約なし
 これは、あなたが非常に急な丘を登ることを想像すると、クラッチを長期間にわたって「滑らせる」ことが想像されると容易に理解できる。この方法では、エンジンが与えることのできないトルクを得ることができる。 
 
 同様に、例えば、エンジンが停止したり、静止している構成要素の慣性と、構成要素の瞬間的な動力との間に生じる急峻さによって、トランスミッションにかかる機械的衝撃を緩和しトランスミッションを保護することができる。クラッチペダルの操作で動作する。 
 
構成要素と操作要素
 
クラッチ機構は、以下のコンポーネントで構成されている:
 
* ステアリングホイール2は、クランクシャフト1に螺合している。
* 溝のおかげで入力軸と一体的に回転するフリクションディスク3が「主」6に変化する。
* 機構が静止位置(クラッチ)にあるときディスクをフライホイール2に確実に密着させるプレッシャープレート4。
 
  •  機構のスプリング(この場合はダイアフラム)は、ベアリングまたは「カラー」に載っている7。
 
== 種類 ==
[[ファイル:Clutch (9 types).PNG|thumb|190px|'''代表的なクラッチ'''<br />1.角型つめ<br />2.台形つめ<br />3.三角つめ<br />4.スパイラルつめ<br />5.のこ歯つめ<br />6.摩擦クラッチ(円盤)<br />7.摩擦クラッチ(円錐)<br />8.トルクリミッタ<br />9.ワンウェイ・クラッチ]]
匿名利用者