「幇間」の版間の差分

編集の要約なし
m (→‎文献: wikify, format)
タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集
 
== 解説 ==
幇間は別名「'''太鼓持ち'''(たいこもち)」、「男芸者」などと言い、また敬意を持って「太夫衆」とも呼ばれた。歴史は古く[[豊臣秀吉]]の[[御伽衆]]を務めたと言われる[[曽呂利新左衛門]]という非常に機知に富んだ武士を祖とすると伝えられている。秀吉の機嫌が悪そうな時は、「太閤、いかがで、太閤、いかがで」と、太閤を持ち上げて機嫌取りをしていたため、機嫌取りが上手な人を「太閤持ち」から「太鼓持ち」と言うようになったと言われている。ただし曽呂利新左衛門は実在する人物したかどうかも含めて謎が多い人物なので、単なる伝承である可能性も高い。鳴り物である太鼓を叩いて踊ることからそう呼ばれるようになったとする説などがある。
 
また、太鼓持ちは俗称で、幇間が正式名称である。「幇」は助けるという意味で、「間」は人と人の間、すなわち人間関係をあらわす意味。この二つの言葉が合わさって、人間関係を助けるという意味となる。宴会の席で接待する側とされる側の間、客同士や客と芸者の間、雰囲気が途切れた時楽しく盛り上げるために繋いでいく遊びの助っ人役が、幇間すなわち太鼓持ちである、ともされる。
 
専業の幇間は[[元禄]]の頃(1688年 - 1704年)に始まり、揚代を得て職業的に確立するのは[[宝暦]](1751年 - 1764年)の頃とされる。江戸時代では吉原の幇間を一流としていたと伝えられる。
一方、正式な師匠に付かず、放蕩の果てに、見よう見まねの素人芸で、身過ぎ世過ぎを行っていた者を「野だいこ」という。これは正式な芸人ではないが、「師匠」と呼ばれることも多かった。
 
なお上方では江戸でいう幇間は芸者と呼ばれ、対して女性は芸妓・芸子と呼んでいたが、明治以降は芸者も女性を指すようになった。
 
 
== 幇間を題材とした作品 ==
6,726

回編集