「全日本パリピ選手権」の版間の差分

編集の要約なし
{{出典の明記|date=2018年6月5日 (火) 12:30 (UTC)}}
'''全日本パリピ選手権'''とは無料インターネットテレビ局[https://abema.tv/ AbemaTV]にて2018年5月30日からSPECIALチャンネルにて毎週水曜日に22:00〜23:00で放送されているレギュラー番組。チャンネルはSPECIALチャンネル。に放送時間は毎週水曜日の22:00〜23:00。「パリピ文化を作るというしい文化象徴としてネットで放送当初から話題になった。
 
前身となる同シリーズとして『[https://abema.tv/video/title/90-720 神風永遠軍団に勝ったら300万円〜全日本パリピ飲み会選手権2017〜]』(2017年8月20日放送)、『[https://abema.tv/video/title/90-1021 全日本女子パリピ選手権]』(2018年5月12日放送)がある。
全日本パリピ選手権は、全国各地から所謂“[[パーティ・ピープル_(人物)|パリピ]]”を集め、各チームに分けて(1チーム4〜5名)飲み会での女の子楽しませ術を競い合う競技である。
 
競技内容はいたってシンプルで、制限時間内に女の子をより楽しませた方が勝ちという、話術とパリピとしてのセンスがぶつかり合う内容になっている。
 
出場チームが実際に女の子と飲み会を行う「競技フロア」と、MCやゲストがモニターでその様子を見守る「メインフロア」に分かれており、メインフロアでは複数の豪華な審査員が出場者の行動を審査項目に沿って点数化していく。
 
審査項目は「第一印象」「自己紹介」「乾杯」「ミニゲーム」の4つ。それぞれ25点満点で審査される。2018年5月から開始されている地方予選は大阪、名古屋、福岡、東京の4都市で行われ、各予選を勝ち抜いたパリピ猛者どもは、2018年秋に行われるグランドチャンピオン大会で戦うこととなる。見届け人は[[田村淳]]
 
2018年5月から開始されている地方予選は大阪、名古屋、福岡、東京の4都市で開催されている。各予選を勝ち抜いたパリピ猛者どもは、2018年秋に行われるグランドチャンピオン大会で戦うこととなる。見届け人は[[田村淳]]。
 
大阪大会の様子は2018年5月30日からAbemaTVにて毎週水曜日に放送中。
 
== 歴史 ==
最初にAbemaTVにて2017年8月20日に『[https://abema.tv/video/title/90-720 神風永遠軍団に勝ったら300万円〜全日本パリピ飲み会選手権2017〜]』が放送された。現在の全日本パリピ選手権と基本的ルールは同じで、女の子をいかに楽しませるかということに焦点が置かれ、飲み会術を競い合うという内容であった。大量のゲームとコール披露されたため、ネットで、「コールやゲームが勉強になる」と話題になった。
 
そして2018年5月12日に、女性が男性を飲み会で楽しませる術を競い合う『[https://abema.tv/video/title/90-1021 全日本女子パリピ選手権]』が開催され、ネットで大反響を産んだ。この2つの特番がきっかけとなり、『全日本パリピ選手権』として地方を巻き込んだ形で、AbemaTV内でレギュラー化したのである
 
== 地区予選 ==
 
=== 大阪予選 ===
MCはパンサー。解説は[[入江慎也]](カラテカ)。審査員は[[小川菜摘]][[山田菜々]][[岸明日香]]の3名。
 
==== 第1回戦 第一試合 ====
第1回戦 第一試合はAbemaTVにて5月30日(水)に放送された。(『[https://abema.tv/video/episode/90-1037_s1_p1 全国四都市行脚 全日本パリピ選手権in大阪#1]』)
 
第一回試合はデリバリーパリピ軍団 vs アイテム100連発軍団。
一回試合はデリバリーパリピ軍団 vs アイテム100連発軍団。デリバリーパリピ軍団はお下劣な芸を売りにしているので審査員からの酷評はあったが、持ちゲームの「おちんちん侍ゲーム」は見届け人の田村淳からは好評であった。また、お酒の飲み残しを指摘して飲ませるコール「ニモも泳げるよ、スウィースウィー」というコールは「すぐ使えそう」「勢いだけのコールじゃなくていい」と審査員からも好評であった。([https://abema.tv/video/episode/90-1037_s99_p101 デリバリーパリピ軍団 コール&ゲーム])
 
一回試合はデリバリーパリピ軍団 vs アイテム100連発軍団。 デリバリーパリピ軍団はお下劣な芸を売りにしていとすチーム審査員からの酷評はあったが、持ちゲームの「おちんちん侍ゲーム」は見届け人の田村淳からは好評であった。また、お酒の飲み残しを指摘してお酒を飲ませるコール「ニモも泳げるよ、スウィースウィー」というコールは「すぐ使えそう」「勢いだけのコールじゃなくていい」と審査員からも好評であった。([https://abema.tv/video/episode/90-1037_s99_p101 デリバリーパリピ軍団 コール&ゲーム])
 
 対してアイテム100連発軍団は、光るシャンパングラスや女の子の写真写りをよくするライト、プレゼントのオリジナルパーカーなどを用意しており、実際に飲み会に参加していた女の子も喜んでいる様子が見られた。アイテム100連発軍団のゲームは「higt&lowゲーム」で、トランプの数字が直前の数字よりも高いか低いかを予想するゲーム。一般に広く知られているゲームだが、通常よりも大きいサイズのトランプを使用し、男女ペアを組んでゲームをするなど、要所要所に女の子を盛り上げる工夫が取り入れられていた。また、「お前と飲んだらおもろいわ どこのどいつも敵わんわ」とET-KINGのメンバーKLUCHがオーナーのバースタッフならではの「ET-KINGコール」を披露し、女の子を盛り上げた。([https://abema.tv/video/episode/90-1037_s99_p102 パリピアイテム100連発軍団 コール&ゲーム])
 
結果、第一試合はアイテム100連発軍団が勝利し、決勝へと駒を進めることとなった。
匿名利用者