「村山三男」の版間の差分

編集の要約なし
[[新潟県]]生まれ。戦前は、[[日活撮影所|日活多摩川撮影所]]に入社。戦後は[[大映]]で助監督を務めながら、[[1951年]][[3月1日]]、[[映画演劇労働組合連合会|日本映画演劇労働組合連合]](映演労連)の議長となった<ref>[http://oohara.mt.tama.hosei.ac.jp/rn/24/rn1952-594a.html 法政大学大原社研 日本映画演劇労働組合連合〔日本労働年鑑 第24集 594a〕]</ref> 。[[1956年]]、『東京犯罪地図』で監督デビュー。戦争映画の巨匠としても知られ、また、テレビドラマ『[[東京警備指令 ザ・ガードマン|ザ・ガードマン]]』『[[右門捕物帖 (1974年のテレビドラマ)|右門捕物帖]]』『[[特捜最前線]]』『[[江戸の鷹 御用部屋犯科帖|江戸の鷹]]』などの演出も担当。主に[[三船プロダクション]]制作作品での演出が多く、脚本家では[[津田幸於|津田幸夫(津田幸於)]]や[[隆慶一郎|池田一朗]]とのコンビが多かった。
 
[[1955年]]に大映と[[ショウ・ブラザーズ]]が組んだ『[[楊貴妃 (1955年の映画)|楊貴妃]]』がきっかけとなって、[[1969年]]からショウ・ブラザーズに招かれて、'''穆時傑'''の名前で、『人頭馬 Dark Rendezvous』などの映画を監督した<ref>[http://www.geocities.jp/haosenkichi/murayama.html 村山三男(穆時傑)]</ref>。
 
==フィルモグラフィ==
===映画===
*『[[虹男]]』(大映東京、1949年)監督助手
*『[[楊貴妃 (1955年の映画)|楊貴妃]]』(大映東京=ショウ・ブラザース、1955年)助監督
*『東京犯罪地図』(大映東京、1956年)以下すべて監督
*『女中さん日記』(大映東京、1956年)
匿名利用者