メインメニューを開く

差分

[[1901年]](明治34年)[[11月4日]]、[[梨本宮守正王]]と[[梨本伊都子|伊都子]]妃の第一女子として生まれる。
 
皇太子・裕仁親王(後の[[昭和天皇]])のお妃候補のひとり<ref>候補者には他に、従姉妹の[[香淳皇后|良子女王]]([[久邇宮]]家)らがおり、のちに裕仁親王は良子女王と結ばれることになる。</ref>として名前が取り沙汰されるが、[[学習院]]女子中等科在学中に[[李王家|李王]]世子である李垠と婚約した。彼女が自らの婚約を知ったのは、[[避暑]]のため梨本宮家[[大磯]]別邸に滞在していた[[1916年]]([[大正]]5年)8月3日の早朝、手元にあった新聞を何気なく開いた際で、大変ショックを受け相手が外国人男性という事もあり嫌で泣いたという<ref name="yomi19840629">1984年6月29日 [[読売新聞]]「[人]李方子=2 わずか15歳 “政略結婚”に涙」</ref>。二人の結婚は、[[韓国併合|日韓併合]]後の「[[内鮮一体]]」を目的とする政略結婚であり、[[山縣有朋]]による策略説もある<ref name="yomi19840629"/>だった
 
[[1918年]](大正7年)に[[納采の儀]]が行なわれた。女子学習院卒業後、[[1919年]](大正8年)1月25日に婚儀の予定だったが、直前に李太王([[高宗 (朝鮮王)|高宗]])が脳溢血のため死去。これには日本側の陰謀による毒殺説が存在し、[[三・一独立運動]]の引き金ともなった<ref name="yomi19840630">1984年6月30日 読売新聞「[人]李方子=3 父王は“毒殺”愛児も同じ運命に 雷鳴の夕に絶命」</ref>。
[[1920年]](大正9年)[[4月28日]]、李垠と結婚。婚礼の直前に婚儀の際に朝鮮の独立運動家による暗殺未遂事件([[李王世子暗殺未遂事件]])が発生した。婚礼に際しては、和装([[十二単]])・洋装に加え、[[韓服|朝鮮服]]も準備された。
 
方子妃は、自分に課せられた日本と朝鮮の架け橋としての責務を強く自覚し、祖国を離れて日本で暮らす夫を支えた。[[1921年]](大正10年)、第一子・[[李晋|晋]]が誕生する。[[1922年]](大正11年)4月、夫妻は、晋を連れて朝鮮を訪問。李王朝の儀式等に臨んだが、帰国直前に晋は急逝した。急性消化不良と診断される。李太王を毒殺されたと考えた朝鮮側による報復の毒殺説<ref>方子自身、著書『流れのままに』で「父母にいつくしまれたのもわずかな月日で、何も罪のないに、日本人の血がまじっているというそのことのために、非業の死を遂げなければならなかった哀れな子……。もし父王さまが殺された仇が、この子の上に向けられたというなら、なぜ私に向けてはくれなかったのか……。」と書いており、毒殺を疑っていたようである。</ref>がある一方で、日本軍部による毒殺説<ref name="yomi19840630"/>も流布されている。第一子を失った方子妃は、日本に留学した李垠の異母妹・[[徳恵翁主|李徳恵]]<ref>徳恵は精神・知能に先天性障害があったが、少女期には小康状態にあった。[[徳恵翁主|本人の項]]参照。</ref>の身辺を親身に世話した<ref>1925年5月30日 読売新聞「御遊学中の徳恵姫のため朝鮮料理をお学び やさしき方子妃殿下のお心尽し」</ref>。その後、一度の流産を経て、[[1931年]](昭和6年)、第二子・[[李玖|玖]]が誕生した。
 
=== 戦後、韓国人として ===
24

回編集