「安宅清康」の版間の差分

m編集の要約なし
 
『[[太閤記]]』によれば、この後、元助に同行して安土へ行き、信長に所領を安堵されたとされている。しかし程なくして所領を没収されて[[紀伊国]]に追放され、同年中に病死したため淡路安宅氏は滅亡した。
 
また、近年の研究によれば、一次史料において、信康・清康兄弟の実在性を示すものは存在せず、安宅氏の家督は[[安宅冬康|冬康]]の嫡男・[[安宅神太郎|神太郎]](神太郎○康)が継承し、その没後は冬康の兄・[[三好実休]]の三男である[[安宅神五郎]](神五郎某)<ref>[[三好長治]]・[[十河存保]]の弟。</ref>が継承したとされている<ref>天野忠幸「三好一族の人名比定について」(初出:天野『戦国期三好政権の研究(初版))』(清文堂、2010年)/改訂所収:天野『増補版 戦国期三好政権の研究』(清文堂、2015年) ISBN 978-4-7924-1039-1)</ref>。神太郎・神五郎の実名が信康・清康であった可能性もあるが、それを裏付ける史料は存在しない
 
== 脚注 ==