「自主規制」の版間の差分

少し加筆
(少し加筆)
 
== 概要 ==
何らかの[[社会問題]]や[[事件]]・[[事故]]の発生、あるいは[[警察]]による[[検挙]]をきっかけとして、業界全般での製品の安全基準がないことや、無軌道な販売競争や製品開発が暴露されたり、表現物の場合には「[[表現の自由]]」を建前とした法令に対する業界の認識の甘さなどが露呈し、社会から問題視されることがある<ref>[https://www.gosen-dojo.com/blog/18397/ 自主規制はどんどん強化されている][[ゴー宣道場]]公式サイト</ref>。これを現状のまま放置しておくと社会・大衆の批判を集め、やがては[[公権力]]の介入を招いて[[法令]]や[[行政機関]]などによる厳格な公的規制が制定されるなどの事態に繋がりかねない。
 
業界は厳格な公的規制の導入と公権力による継続的な監視により、以降の業界各社の活動停滞や場合によっては業界全体の存続そのものに大きな支障をきたす事態を恐れるわけで、自主規制とはこの様な恐れがある際にその業界の関係者間の同意という形で行われる回避手段の一つとして、「してはならないこと」を厳しく規制したり、逆に「しなくてもよいこと」(任意とされていること)を積極的に行うことを指す。
自主規制とはその名の通り当該の業界のメーカー各社の総意という形での「自主的な規制」である。概して自主規制を遵守することはさらに厳しい規制が外部から導入されることによる発展の阻害から業界と市場を守る、極端な場合には業界を維持存続させることを目的とした、業界のルールやモラルという一面がある。そのため、自主規制を遵守しないことで業界内部での居心地が悪くなる、業界団体から除外される、流通・小売も自主規制推進の立場に回っている場合には製品流通や入荷に阻害をきたす、すなわち、メーカー・販社が自主規制から離脱した場合には自主規制に加わっている小売店の店頭からその製品が消える、[[卸売|卸]]や[[小売|小売店]]が自主規制から離脱した場合にはその卸や小売店に対して自主規制に加わっているメーカーの製品が入荷しなくなる、などといった事態が起きる可能性がある。
 
とはいえ、あくまで法律や条例に抵触しない限りは警察に検挙・摘発されるというものではない。
 
しかし、時として自主規制は下記のような事情の発生によって有名無実化されてしまうことが起きる。
* [[大人の事情]] - 自主規制にまつわる経過に対して用いられる[[俗語]]。
* [[非核三原則]]
== 脚注・出典 ==
{{脚注ヘルプ}}
<references />
 
{{reflist}}
匿名利用者