「モノクローム・セット」の版間の差分

infobox、出典、他
(wikipedia English を翻訳)
(infobox、出典、他)
{{Infobox Musician <!-- プロジェクト:音楽家を参照 -->
'''モノクローム・セット'''(''The Monochrome set'') は、[[イギリス]]のロック、ニュー・ウェーヴ・バンドである。
|名前 = モノクローム・セット
|画像 = The Monochrome Set 01.jpg
|画像説明 = 「The Monochrome Set」2016年 ドイツ「Club W71」にて
|画像サイズ = <!-- サイズが幅250ピクセルに満たない場合のみ記入 -->
|画像補正 = <!-- 画像の横幅が広く、高さが小さい場合に“yes”を記入 -->
|背景色 = band
|別名 = ザ・モノクローム・セット
|出身地 = {{ENG}} [[ロンドン]]
|ジャンル = [[ポストパンク]]<br />[[ニュー・ウェーヴ (音楽)|ニュー・ウェイヴ]]<br />[[ネオアコ|ネオ・アコースティック]]<br />[[ギターポップ]]
|活動期間 = [[1978年]] - [[1985年]]<br />[[1990年]] - [[1998年]]<br />[[2008年]] -
|レーベル = [[ラフ・トレード・レコード|ラフ・トレード]]、ディン・ディスク、[[チェリーレッド・レコード|チェリーレッド]]、[[ブランコ・イ・ネグロ・レコード|ブランコ・イ・ネグロ]]、[[ワーナー・ブラザース・レコード|ワーナー・ブラザース]]
|事務所 =
|共同作業者 = (A&R など)<br />マイク・オールウェイ<ref name="80GP">大谷(2013 pp, 84-85)</ref><br />(関連バンド)<br />[[アダム&ジ・アンツ]]<br />ウッド・ビィ・グッズ<br />インヴィジブル<br />スカーレッツ・ウェル
|公式サイト = [http://www.themonochromeset.co.uk/ The Official Monochrome Set Site]
|メンバー = ビド<br />アンディー・ウォーレン<br />Mike Urban<br/>John Paul Moran
|旧メンバー = <br />レスター・スクエア<br />J.D.ヘイニー<br/>トニー・ポッツ<br/>Jeremy Harrington<br/>Philip Morris<br/>レキシントン・クレイン<br/>Orson Presence<br/>キャリー・ブース<br/>ニコラス・ウェロソフスキ<br/>ジェイムス・フォスター<br />Jennifer Denitto<br/>Steve Brummel
}}
 
'''モノクローム・セット'''(''The Monochrome set'') は、[[イギリス]]の[[ロック]][[ニュー・ウェーヴ]]・バンドである
70年代後半の[[パンク・ロック]]・ムーブメントの時代に、ロンドンの[[インディーズ]]レーベル、[[ラフ・トレード・レコード|ラフ・トレード]]<ref>http://www.discogs.com/ja/label/51167-Rough-Trade</ref>からデビューした。[[サイケ|サイケデリック・ロック]]、[[エスニック]](リーダーのビド(Bid)はインドとアメリカのハーフ)など、様々なジャンルを吸収したロック・サウンドを展開している。
1979年に、[[ロンドン]]の[[インディーズ]]レーベル、[[ラフ・トレード・レコード|ラフ・トレード]]<ref>http://www.discogs.com/ja/label/51167-Rough-Trade</ref>からデビューした。
 
== 概要 ==
[[アンディー・ウォーホル]]は彼等のサウンドについて、「[[ベンチャーズ]]と[[ヴェルヴェット・アンダーグラウンド]]を足して2で割った様」だと評した。
古い音楽を否定する空気であった1970年代後半の[[パンク・ロック]]・ムーブメントの時代にも、英国ポップスの伝統を受け継ぎ、ねじれたセンスと軽妙洒脱なサウンドを持った<ref>大鷹(1997 p,138)</ref>。
また、Monochrome setとは白黒テレビを意味している。
のちに[[ネオアコ|ネオ・アコースティック]]や[[ギターポップ]]の元祖の一つとして位置付けられるようになるが、[[サイケデリック・ロック|サイケ]]、[[サウンドトラック|映画サントラ]]、[[民族音楽|エスニック]](リーダーのビド(Bid)はインドとアメリカのハーフ)など、様々なジャンルを吸収した一筋縄ではいかないロック・サウンドを展開している<ref>{{Cite web |author=小野島大 |date=2016-05-15 |url=https://rockinon.com/disc/detail/142834 |title=英国風極上ひねくれポップ-『ヴォリューム、コントラスト、ブリリアンス・・・VOL.2 / アンリリースト・アンド・レア』モノクローム・セット| 洋楽 CD/EP新譜レビュー |website=音楽情報サイトrockinon.com |publisher=[[ロッキング・オン]] |accessdate=2018-06-17 }}</ref>。
 
[[アンディー・ウォーホル]]は彼等のサウンドについて「[[ベンチャーズ]]と[[ヴェルヴェット・アンダーグラウンド]]を足して2で割った様」だと評した<ref name="80GP" />
また、Monochrome setとは白黒テレビを意味してい<ref name="80GP" />
 
== 歴史 ==
結成は[[1978年]]であり、紆余曲折を経て1979年に以下のメンバーに至った。
B-サイズ(後の[[アダム&ジ・アンツ]])に在籍していたビド(vo)(Bid)、レスター・スクェア(g)(Lester Square)、アンディー・ウォーレン(b)(Andy Warren)の3人と、元アート・アタックスのJ.D.ヘイニー(ds)(J.D.Haney)、トニー・ポッツ(Film)(Tony Potts)が初期(最盛期)の主なメンバーである<ref name="80GP" />
1980年には、[[ヴァージン・レコード]]系DinDiscから、Bob Sargeantによって制作されたアルバム「ストレンジ・ブティック」を発表した。それは1980年にアルバム・チャートのNo. 62に達した。彼らのフォローアップ活動であるLove Zombiesは、同年後半にアルヴィン・クラークとバンドによって結成された。Haneyは1981年にバンドを去り、Lexington Craneに交代した。
 
1982年、バンドは[[チェリーレッド・レコード|Cherry Red]]にレーベルを切り替えて、Tim Hartによって制作されたサード・アルバム「Eligible Bachelors」をリリースした<ref>{{Cite web |author=村尾 泰郎 |date=2006-11-22 |url=http://tower.jp/article/feature/2006/11/22/100035386/100035387/100035389 |title=WHEN THE PARTY IS OVER... 80年代初頭に一大ムーヴメントを起こしたネオアコってなんだ? |website=TOWER RECORDS ONLINE |publisher=[[タワーレコード]] |accessdate=2018-06-17 }}</ref>。スクエアとクレンはすぐに脱退し、キーボードのキャリーブースとドラマー、ニコラス・ヴェロソフスキに交代した。 このラインナップは、ブースが新しいリード・ギタリストのジェームス・フォスター(後にDavid Devant&His Spirit Wife)に代わる前に、Cherry Redのために1982年にシングル「キャスト・ア・ロング・シャドウ」を収録した。
 
1983年、Cherry Redは、初期のRough Tradeシングル、BBCとCapital Radioのセッション、未発表の初期セッションの回顧録、Volume、Contrast、Brilliance ...をリリースした。
結局、彼らの所属レーベルは、ラフ・トレード、[[ヴァージン・レコード]]傘下のディン・ディスク(Din Disc)、プレ(Pre)、[[チェリー・レッド・レコード|チェリー・レッド]]、[[ブランコ・イ・ネグロ・レコード|ブランコ・イ・ネグロ]]と転々としたが、グループは1985年に解散することとなった。
解散後ビドはソロ活動を行いラジ・カルテットと名乗りシングルもリリースした。
レスターはJesus Couldn't Drumのアルバム"Good Monornin' Lester Square"に参加したり、インヴィジブル (The Invisible) を結成した。
メンバーだった数名はウッド・ビィ・グッズ(Would be goods)のデビュー・アルバムのバックでも参加した。
[[1990年]]に再結成し、初来日(1990(1990年7月)も果たした<ref name="80GP" />
その後も来日した[[CLUB CITTA'|川崎チッタ]]では丁度、[[節分]]の時期であったことから、麦わら帽子をかぶったレスターがステージで[[豆まき]]をおこなった(川崎チッタ)901990年から981998年まで活動し、二目の解散。2008三度目の結成を果たし、三度目の活動を続けている。
 
==ディスコグラフィ==
===シングル===
* Alphaville ([[1979年]]) Rough Trade (アメリカ版のシングルは[[I.R.S.レコード|I.R.S.]]よりリリースされジャケットが異なっているバーコードが[[鉄格子]]のようにデフォルメされ、向こう側に人が居る
* Eine Symphonie Des Grauens ([[1979年]]) Rough Trade
* The Monochorome Set ([[1979年]]) Rough Trade アルバムの同曲はAdam&The Antsバリのドコドコとしたサウンドになっている。
* He's Frank (Slight Return) ([[1980年]]) Rough Trade
* Strange Boutique ([[1980年]]) Din Disc
* Cast a long shadow ([[1982年]]) Cherry Red
* Jet set Junta ([[1983年]]) Cherry Red
* Jacob's ladder ([[1985年]]) Blanco y negro (7インチ、12インチ)
* Wallflower ([[1985年]]) Blanco y negro (7インチ、12インチ)
(解散)
 
===アルバム===
* Strange Boutique ([[1980年]]) Din Disc
* Love Zombies ([[1980年]]) Din Disc
* Eligible bachelors ([[1982年]]) Cherry Red (日本版(邦題:カラフル・モノトーン)はジャケット・デザインが異なる)
* Volume, Contrast, Brilliance... ([[1983年]]) Cherry Red (コンピレーション・アルバム)
* Lost Weekend ([[1985年]]) Blanco y negro
(解散)
* Fin! ([[1986年]]) Cherry Red (ライブ・アルバム)
* Westminster Affair ([[1988年]]) Cherry Red (コンピレーション・アルバム)
(再結成)
* Dante's Casino ([[1990年]]) Vinyl Japan
* Jack ([[1990年]]) Honeymoon
* What A Whopper ([[1991年]]) Cherry Red (コンピレーション・アルバム)
* The Good Life ([[1992年]]) Cherry Red (中身はFin!と同一)
* Colour Transmission ([[1993年]]) Din Disc (アルバムStrange BputiqueとLove Zombiesが1CDに)
* Charade ([[1993年]]) Cherry Red
* Misere ([[1994年]]) Cherry Red
* Black & White Minstrels ([[1995年]]) Cherry Red (デビュー前の初期の作品を含むコンピ)
* Tomorrow Will Be Too Long ([[1995年]]) Din Disc (Colour Transmissionのジャケ違い)
* Trinity Road ([[1995年]]) Cherry Red
* Platinum Coils ([[2012年]]) Rough Trade
 
==関連項目脚注==
{{Reflist}}
*[[ニューウェーヴ]]
*[[ポストパンク]]
 
==参考文献==
* 大谷英之編『80'sギター・ポップ・ディスク・ガイド』[[シンコーミュージック・エンタテイメント]]〈シンコー・ミュージック・ムック CROSSBEAT Presents〉、2013年12月1日、84‐89頁。ISBN 978-4-401-63917-5
* 大鷹俊一監修『ミュージック・マガジン4月増刊号 ブリット・ポップへの道』ミュージック・マガジン〈CD BEST 100〉、1997年4月25日、138頁。T 1108480041205
 
==脚注関連項目==
* [[ニューウェーヴ]]
{{Reflist}}
* [[ポストパンク]]
 
==外部リンク==
[http://www.themonochromeset.co.uk/ The Official Monochrome Set Site]
 
{{DEFAULTSORT:ものくろおむせつと}}
104

回編集