「楔数」の版間の差分

編集の要約なし
* 楔数の正の[[約数]]は {{math|8}} 個である。
*:楔数 {{math|''N'' {{=}} ''pqr''}}({{mvar|p}}, {{mvar|q}}, {{mvar|r}} は相異なる素数)の正の約数は {{math2|1, ''p'', ''q'', ''r'', ''pq'', ''qr'', ''rp'', ''pqr''}}
* 楔数 n{{mvar|N}} は 1 以外の[[平方数]]を約数持たない([[平方因子をもたない整数|無平方数]]である)ので対して、<math>\mu (n) = -1</math> を満たす。ただし {{mvar|μ}} は[[メビウス関数]]である。
*:楔数は[[平方因子をもたない整数]](無平方数)であるため。
* 連続する2つの自然数である楔数の組で最小のものは {{math|(230, 231)}} である。({{math2|230 {{=}} 2 × 5 × 23, 231 {{=}} 3 × 7 × 11}})
**小さい方の数の列は {{math2|[[230]], [[285]], [[429]], [[434]], [[609]], [[645]], [[741]], …}}({{OEIS|A215217}})
匿名利用者