「臨済義玄」の版間の差分

編集の要約なし
=== 臨済と普化 ===
『'''[[臨済録]]'''』の「勘弁」編に登場する[[禅]]僧の<ruby><rb>'''[[普化]]'''</rb><rp>(</rp><rt>ふけ</rt><rp>)</rp></ruby>(生没年不詳、普化を始祖とする宗派に[[普化宗]]がある)は、[[大悟]]したはずの臨済の上を行く存在として、重要な役割を演じている(臨済が'''シテ'''の立場であるとするなら、普化は'''ワキ'''の役どころである)。ただし、その言行には異様なものが多く、[[風狂]]僧や[[神異]]僧の部類に属する。
* ある日、臨済は普化と共にお<ruby><rb>斎</rb><rp>(</rp><rt>とき</rt><rp>)</rp></ruby>(法要の食事)に信者の家へ招かれた時、「一本の髪の毛が大海を呑み込み、一粒の<ruby><rb>芥子</rb><rp>(</rp><rt>けし</rt><rp>)</rp></ruby>の中に<ruby><rb>[[須弥山]]</rb><rp>(</rp><rt>しゅみせん</rt><rp>)</rp></ruby>(世界の中心にあるとされる想像上の山)を収めるというが、これは不思議な[[霊能力|神通力]]の働きなのか、それとも、もともと当たり前のことなのかね」と普化に問うた。すると普化はいきなり食卓を蹴倒した。臨済は「なんと荒っぽい奴だ」と言うと、普化は「ここをどこだと思って荒っぽいの穏やかのと言うのか」と言った。その翌日、また臨済は普化と共にお斎に招かれた。臨済は「今日の供養は昨日のと比べてどうかね」と言うと、普化はまた食卓を蹴倒した。臨済は「それでよいにはよいが、何と荒っぽいやつだ」と言うと、普化は「'''[[視覚障害者|盲]]め![[仏法]]に荒っぽいの穏やかのがあるものか'''」と言い、思わず臨済は舌を巻いた。
* ある日、臨済は河陽・木塔の二長老と一緒に僧堂の[[囲炉裏]]を囲んで坐っていたとき、「普化は毎日、町の中で[[きちがい|気狂い]]じみたまねをしておるが、いったい[[凡人]]なのだろうか、それとも[[聖人]]なのだろうか」と噂をしていた。すると、言い終わらぬうちに普化がやってきた。そこで臨済は問うた、「そなたは凡人なのか、それとも聖人なのか」。すると普化は「まずあんたが言ってみなさい。おれは凡夫かそれとも聖者か」と臨済に言った。そこで師は一喝した。すると普化は三人を指をさしながら「'''河陽は花嫁、木塔はお婆々。臨済はこわっぱながら、いっぱしの目を持った子だ'''」と言った。臨済は「'''この悪党め!'''」と言うと、普化は「'''悪党!悪党!'''」と言って出て行った。
* ある日、普化は僧堂の前で生の野菜を食べていた。これを見た臨済は言った、「'''まるで[[ロバ]]そっくりだな'''」。すると普化は「'''メー'''」と鳴いた。臨済は「'''この悪党め!'''」と言うと、普化は「'''悪党!悪党!'''」と言うなり、さっと出て行った。